「バツ3同士の再婚」を決めた2人の"言い分"

なぜ離婚と結婚を繰り返すのか

●1回目
結婚年齢:24歳
結婚相手:学生時代から付き合っていた同い年のスポーツ選手
結婚理由:4年間も付き合ったので自然のなりゆきで
離婚理由:結婚して7カ月目に離婚。お互いに家庭がつまらなく思えてしまい、別々の人が好きになったから

●2回目
年齢:30歳
結婚相手:実家に来たケーブルテレビの営業マン。お互いの出身高校が近くて同い年だとわかって意気投合
結婚理由:彼はギャンブル依存症。ヤミ金の追及から逃れるために名字を変えたいと望まれたから
離婚理由:2人の娘に恵まれたが、夫はギャンブル依存症が治らず

●3回目
結婚年齢:39歳
結婚相手:1歳年下のひきこもりの男性。アルコール依存症
結婚理由:2回目の結婚の失敗で「自分で相手を選ぶと不幸になる。次は来る者拒まずで受けよう」と決意。ネット婚活で最初にお見合いした相手と結婚
離婚理由:献身的な看病でアルコール依存症は改善。連れ子も含め、5年間は幸せな家庭生活を送っていた。しかし、夫は相変わらず働かない。東日本大震災の直後、娘がてんかんの発作を起こす。それでも動こうとしない夫に愛想が尽きた

雅美さんは1回目の結婚の後に出会った男性との間に婚外子の息子もいる。彼はやや複雑な家庭環境でしっかりと育ち、今年の春に大学を卒業。就職が決まった。

「代々のお父さんがあなたを愛してくれる、あなたはラッキーだね、と教えてきました。他人に感謝ができる素直な人間になってくれたと思います」

恋多き雅美さんだが、過去の恋愛に関しては反省をしている。自分が助けないと生きられないような男性ばかりを選んできた、という点だ。

私自身も幸せにならなくちゃ

「好きな人に置き去りにされるのが怖かったんです。だから、相手を救うことでつなぎ留めようとしていました。救わないと自分には価値がないとも思っていました。

何にでも挑戦してしまう性格も影響しています。結婚のおかげでいろいろ学びはあったし、2番目と3番目の夫はその後立派に社会復帰しました。でも、私自身も幸せにならなくちゃいけません。いまの夫に出会って、結婚するならば救う相手ではなくて助け合い愛し合える相手でないとダメなんだと気づきました。49歳でようやく……。もっと早く気づけよ、と自分に突っ込みを入れたいです(笑)」

雄介さんのほうは過去をそれほど反省していない様子だ。雅美さんと結ばれて、「夫婦の間で起きたことはどんなことでも夫婦で向き合って解決する」と決めちゃったと宣言。雅美さんも同じ気持ちでいると信じているという。夫婦としてのゴールは「一緒に上田家の墓に入ること」だ。とにかく真っすぐで憎めない男性である。

次ページ自分たちが幸せになったからこそ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。