最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング

1位は3週連続で「ライフ・シフト」!

「ビジネス書大賞 2017」で準グランプリに輝いた『ライフ・シフト』が3週連続1位を獲得!(写真:eggeeggjiew / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、5月28~6月3日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(5月28~6月3日)のランキングでは、3週連続で『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』(リンダ・グラットン著、東洋経済新報社)が1位を獲得した。先ごろ発表された「ビジネス書大賞 2017」で準グランプリに輝き、勢いが継続している。

前週59位から5位に躍進したのが、『僕らが毎日やっている最強の読み方』(池上彰・佐藤優、東洋経済新報社)だ。毎月300冊の本を読むという佐藤優氏の読書術を紹介した東洋経済オンラインの記事が反響を呼び、注目が集まった。

次ページ以降、196位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。