最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング

「ライフ・シフト」が2週連続1位を獲得!

「100年人生」を描いた『LIFE SHIFT』が2週連続1位を獲得!(写真:kou / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、5月21~27日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(5月21~27日)のランキングでは、『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』(リンダ・グラットン著、東洋経済新報社)が2週連続でトップに輝いた。5月16日に放送されたテレビ東京系「ガイアの夜明け」で「どう働く?“人生100年”時代」以降、勢いが継続している。

前週162位から8位に大躍進したのが、『MBA100の基本』(グロービス著、東洋経済新報社)だ。5月22日の「日本経済新聞」に広告が掲載され、売行きが跳ね上がったという。

次ページ以降、196位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。