失恋でバレる!「一生、モテない人」の3大欠点

「フラれた後の行動」に全部、出ます

これまで、デキない人の「失恋時の対応」の特徴を書きつづってきた。では、一流の人は、どのようなフラれ方をするのであろうか?

一流の失恋者になるための3つのポイント

【1】「愛と執着の違い」を知っている

一流の失恋者は、「愛と執着の違い」を知っている。長らく付き合ったからこそ、相手はあなたの「別れ話のときだけ瞬間風速的に優しくなるのとは異なる、巡航速度」の魅力をよく把握しているのだ。

そのうえで、「自分が相手にとってベストの存在でなかった」ことを受け入れられるかどうかに、その人の真価がかかっている。

もし自分が「相手を最も幸せにできる人間でない」のなら、潔く引き下がるのが本当の愛である。

「自分が好きだからどうしても一緒にいたい」と言い張るだけでは、それは「単なる自分勝手な執着」にすぎないことを、一流の失恋者は達観しているのだ。

【2】思い出を美化せず、客観的に状況を分析できる

次に、一流の失恋者は失恋したとき、過度に美化した思い出に浸ったりしない。

つとめて客観的に、はたして「相手が自分を長期的に幸せにしてくれる存在」だったかどうかを、「自分が相手を長期的に幸せにできる存在」だったかと同様、冷静に見つめ直す。

だいたい、別れた相手は脳内記憶で美化してしまうものである。

しかし、一流の失恋者とは、理由もなくキレられた日々、何かしてあげても感謝がなかった日々、散歩や食事に行ってもしっくりこなかった「根本的に合わない部分」を冷静に見つめ直し、次の恋愛に建設的に活かそうとするものなのだ。

【3】過去にすがりつかず「未来志向」で自分を大切にできる

そして一流の失恋者は、「自分自身の励まし方」を熟知している。心を空っぽにして悲しみから逃れる術を知っているのだ。

聴く音楽も、今さらながらではあるが、PSYの「江南スタイル」を完コピで踊って自分を元気づけたり、ピコ太郎の「PPAP」を聴いたりして、陽気な気分になって自分をアゲにかかる。

そもそも、一流のフラれ方をする人は「未来志向」であり、過去にすがりつき、恥ずかしいまでにめめしい失態をさらすことはない

逆に、「逆境でこそ自分の真価が問われるもの」と構え、「いままでありがとう。新しい人から、たくさんの愛を受けてね」などと、恐ろしくものわかりのよい態度をとってみせるのだから、大したものではないか。

一流の人は、フラれるときも、「恋の終わりが新たな恋の始まり」だと、楽観的な予感に満ちているのである。

次ページ私こそ「二流の失恋者」です
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT