失恋でバレる!「一生、モテない人」の3大欠点

「フラれた後の行動」に全部、出ます

まず失恋したときにバレるのが、「その人が客観的に状況を把握できているかどうか」である。

二流の失恋者は、つねに「自己正当化」する

【1】「客観性の有無」がバレる

一流の失恋者ほど、一歩下がったところから大局的に自分を見つめているものだ。

これに対し、二流の失恋者に限って、「過去の思い出」をベースに、自分こそ相手にとって1番の存在だと「自己正当化」する、恥ずべき傾向を持っている。

「あれだけ楽しい思い出を共有したのだから」「これほど深く理解し、愛しているのは自分だけだ」、あるいは「そんな簡単にほかの相手に行くはずがない」などと、ここに書くだけで恥ずかしくなるような妄想に取りつかれている人たちも少なくない。

「過去の思い出で、結婚相手を決めることはできないよ」「将来、一緒に楽しく暮らしているかどうかを、その人とイメージできるかどうかが肝心」というのは、未来志向の“モテモテな人々”が異口同音に語る、残酷な真実である。

【2】「危機管理能力の有無」でバレる
『最強の働き方』は20万部を超えるベストセラーになっており、翔泳社主催の「ビジネス書大賞 2017」の大賞も受賞した(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

続いて失恋でバレるのが、その人の「危機管理能力の有無」である。

人はたいてい、失恋する前に、幾度となく相手から「別れのサイン」を送られているものだ。

しかし、「釣った魚に餌を与えない症候群」という不治の病にかかっていらっしゃる残念な人に限って、相手から「明確な三行半(みくだりはん)」を突き付けられないかぎり、別れのサインもシグナルもすべて見逃してしまう

恥ずべき二流の失恋者は、つねに自分が相手の自己肯定感を高められているかどうか、自問しない。また、「自分といることが、相手のレベルを高められているかどうか」と自問する習慣を、ピクリとも持っていないのだ。

そもそも今の自分は、現在の瞬間風速においても、「相手にとって最良のパートナー」になりえているだろうか? 今の自分は相手にとって「代替可能なほかの選択肢」に比べて、割高か割安かという「自分のバリュエーション」を適切にできているかどうかという視点も重要である。

失恋の局面では、その人の「危機管理能力・自己評価の有無」も、残酷なまでにバレてしまうのである。

次ページ共感できる「失恋ソング」はあるけれど…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT