日比谷公園「オクトーバーフェスト」の破壊力

昨年は46万人が集結、6月2~11日開催

昨年開催の様子

さらに、スタッフたちが身を包むバイエルンの民族衣装や、ミュンヘンの「オクトーバーフェスト」にも出演しているバンド“ディー・キルヒドルファー”の生演奏も、会場の雰囲気を盛り上げてくれる。

日本人には「ビールといえばドイツ」という“イメージ”だけが先行しがち。

でもひとたび「オクトーバーフェスト」で本場の味に浸れば、ビールを通じた異文化体験も堪能できるはず!

昨年の会場の様子

絶品のドイツビールとフードを揃えた13店舗をご紹介!

『アルコブロイ』:1567年創業。バイエルン屈指の伝統と醸造技術を有する実力派ブルワリー。

(左)「ツヴィックル」1400円/500ml 酵母をろ過せずに作られた伯爵御用達のビール。自然のままの濁りと苦味を抑えた爽やかな口当たりが特徴。(右)「アルコブロイプレート」2800円/3種ソーセージ、ハムステーキ、ザワークラウト、ブレッツェルの盛り合わせた、ボリューム満点の大皿プレート。この一皿でドイツが味わえる!

『ハッカー・プショール』:600年の歴史を誇る、本国ドイツの「オクトーバーフェスト」公式醸造所。

(左)「ヘーフェヴァイスビア」1400円/500ml 「オクトーバーフェスト」公式醸造所の人気No.1商品! 絹のように滑らかでクリーミーな泡と柑橘系の酸味、蜂蜜のような甘みが特徴。口の中に広がる長い余韻が飲む人を虜に!(右)「ブラートヴルストシュネッケ」 1600円/見て楽しい食べて美味しい、名物の渦巻ソーセージ。1巻で約50cm、ウインナー10本分相当!パリッとジューシーな食感を楽しんで
次ページ最高の原料を使ったピルスナービールや…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。