4人以上の場で「会話が苦手」になる人の必然

脳の処理能力に大きな原因がある

「脳の処理能力と数」について調べた、コロンビア大学の行動経済学の実験があります。

「人の購買意欲がかき立てられるのは、ジャムが店頭に何種類並んだときか」を調べたジャム売り場での実験で、スーパーの試食販売でジャムが「24種類並んだとき」と「6種類並んだとき」で、どちらが売り上げが伸びるのかを調査しました。

その結果は驚くべきものでした。

より多くの人が集まってきたのは「24種類並べたとき」でしたが、その中からジャムを購入したのはわずか3%の人たち。逆に、「6種類並べたとき」には、集まった人の30%がジャムを購入し、購入した人の数も「24種類」のときと比べて6倍以上多かったことがわかったのです。

選択肢が少ないほうが売り上げが伸びたのには、まさに脳の処理能力が関係しています。人間の脳は、選択肢が増え、処理が追いつかなくなると大きなストレスを感じ始めます。脳はこの「ストレス」が大の苦手。こういう状況になると、「だったらやめた」とすぐにあきらめてしまいます。脳は性格上、かなりわがままなのです。

脳は「3」までは耐えても、「4以上」はNG

では、この「脳の処理能力」が追いつかなくなるのは、いったいどこからなのでしょうか?

私は、この「前頭葉の処理能力」の境界線が「3」と「4」の間にあると考えています。

たとえばオフィスビルの1階でエレベーターがなかなか来ないとき。目的階が2階や3階なら「階段で行くか」という気にもなりやすいですが、4階だと「ちょっとしんどいな。エレベーターを待つか」となりそうです。

ミュージシャンでも、2人組の「B’z」はボーカルが稲葉浩志さんでギターが松本孝弘さん、3人組の「Perfume」はのっち、あ~ちゃん、かしゆか。ところが4人組になると途端にあいまいになりだし、国民的バンド「ミスチル」でさえ、「全員はわからない……」となりがちです。

ほかにも「トップ3」とはいっても「トップ4」とはいいませんし、またオリンピックでも金、銀、銅、記憶に残るのは大体3位まで。「3大欲求」など「3大○○」とはよくいいますが、「4大○○」とはあまり言いません。

「LINEグループ」は4人以上集まるとうざくなる

連絡ツールとして定着した「LINE」でも同様の傾向がみられます。

「3人」のLINEグループなら、なんとなくメッセージがきても気楽に返せるのですが、「4人」のグループになった途端、「連絡がいっぱい来る」感じがして面倒くささが一気に増し、反応するときも「この人には返したから、こっちにも返信したほうがよいかな」と気を使って気疲れしてしまいます。

次ページ集団感が生まれるのは何人から?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT