4人以上の場で「会話が苦手」になる人の必然

脳の処理能力に大きな原因がある

そしてしばらくすると、既読スルーする人が1人、2人出てくる……そんな傾向があるように思います。

このように、「連絡・伝達」というコミュニケーションにおいても、「3人」と「4人」の間には大きな壁があり、4人になった瞬間、コミュニケーションをとるのが脳からすると「大変な作業」になってしまうわけです。

集団感が生まれるのは、「4人」から

実際、マーケターとして商品の評判を調査するため集団インタビューをするときも、集まってもらう人数が「3人」までだとみなさんディスカッションでもスムーズに発言されるのですが、「4人」になった瞬間、必ず沈黙しがちな人がちらほら登場します。

これは個別に聞いての感覚知ではありますが、やはり「複数が苦手」という人の大勢が「3人までなら何とかなっても、4人になると結構しんどい」と打ち明けられます。

また、3人までだと一緒に話したり行動したりするのに、4人になるとしれっと2人ずつに分かれるようなケースも多いと思います。

これは、脳が「処理しやすいように持ち込もう」と考えることに原因があり、「3人までだと処理できるけれど、4人になると処理が追いつかないので、処理しやすいよう少人数に持ち込もう」と脳は考えるのです。

商品陳列も、「4列」にすると売り上げが落ちる

3000億の行動を分析してきて、「人間の行動には大体傾向がある」ことがわかり、「3人までなら話せても、4人だと話しづらい」という苦手意識も、多くの人に当てはまる傾向だと研究でわかりました。

この「3と4に脳の処理能力の壁がある」ことを確信したある経験があります。

商品というのは1列に置くよりも2列、2列で並べるよりも3列で陳列したほうが売り上げは1.2倍ずつ伸びます。

ある調味料のテスト販売をすることになり、いくつかの店舗で「3列で陳列」することになったのですが、売り上げが順調に伸びていくなか、ある店舗だけ売り上げが思うように伸びませんでした。

調べたところ、ほかの店舗と違っていたのは、手違いで4列並べていた点のみ。首をかしげつつも商品陳列を3列に戻したところ、売り上げがほかの店舗と同じように伸びていったのです。

『なぜ僕は、4人以上の場になると途端に会話が苦手になるのか』(サンマーク出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

この現象は牛乳パックなど、ほかの商品でも起きることがのちの調査でわかりました。

1列よりは2列、2列よりは3列並べるほうが売り上げは伸びますが、4列になった途端、売り上げは想定より落ちてしまう――。このスーパーでの商品陳列の経験と、日常に潜む「3と4の違い」から、どうやら「3と4の間にこそ脳の処理能力の壁は存在する」ということを確信しました。

そう、多くの人は「4人以上」が苦手で、複数になると話しづらくなるというのは「ホモサピエンスにはよくあること」だったのです。

人間の脳は、多くのケース、デフォルトのままだと「3」までに耐えられる設計で、「複数が苦手」というのは脳のシステム上、人類共通の悩みなのではと考えています。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT