佐藤優「月間300冊の読書は、これで可能だ」

「2種類の速読」に池上彰も驚く、その秘訣は?

佐藤:もうひとつの「普通の速読」は、1冊を30分程度で読むやり方です。

速読に必要な「基礎知識」は、熟読で身に付ける

【佐藤優の読み方5】「普通の速読」は重要部分を拾い読み

佐藤「普通の速読」では、まず「はじめに」と目次、そして「おわりに」を注意深く読みます。それによって、その本のどこが重要なのか、どこをきちんと読むべきかのあたりをつけます。

池上:「はじめに」と「おわりに」は重要ですよね。私も速読用の本でも、そこだけは必ず目を通すようにしています。

佐藤:そして、重要だとあたりをつけた箇所については、文字をできるだけ速く目で追い、1ページ15秒で読むことを目標にします。それ以外のページは、超速読のやり方と同じです。

池上:そのやり方なら、30分程度で1冊に目を通すことができて、内容のポイントもつかむことができるわけですね。

佐藤:はい。「普通の速読」の場合は、気になる箇所には印をつけたり、重要な本についてはノートに読書リポートを作成したりするので、少なくともその程度の時間はかかりますね。

池上:そうやって佐藤さんは、月間300冊もの本に目を通しているわけなんですね。

【佐藤優の読み方6】「速読」するために、「熟読」で基礎知識を身に付ける

佐藤:「速読をしたいけれど、うまくできない」という相談をよく受けますが、「速読」でその本の内容をきちんと理解するためには、その分野についての一定の基礎知識があることが大前提なんですね。

池上:基礎知識のない分野の本は、飛ばし読みでは理解できませんからね。

佐藤「基礎知識のない知らない分野の本は速読できない」というのが、速読法の大原則です。ロシア語がわからない人が、いくらロシア語の本を一生懸命読んでも、それは目の運動にしかなりませんから。

池上「速読」したいと思ったら、まずは基本書をしっかり熟読して、基礎知識を身に付ける必要があるということですね。

佐藤:そう思います。読まなければいけない本はたくさんあるのに、なかなか時間がとれないという人は多いでしょう。私も外交官時代に、大量の本を読む必要性に迫られて、試行錯誤をしながらいまお話ししたような読書法を編み出しました。みなさんもぜひ、私たちの「読み方」も参考にしながら「自分なりの読書法」を磨き、現代を読み解くための「知識と教養」を身に付けてほしいですね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
  • 就職四季報プラスワン
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
逆風強まる石炭火力発電<br> 三菱UFJが新規融資停止

地球温暖化への危機感が高まる中、三菱UFJ FGは「新設する石炭火力発電所への投融資は今後原則実行しない」との方針を発表した。国内3メガバンクとしては画期的な決断だが、世界の潮流には大きく遅れる。さらなる前進も近そうだ。