「アヴェンタドールS」はどこでも楽しい車だ

ランボルギーニ旗艦モデルのスゴい実力

740馬力の6.5リッターV12エンジンをミドシップし、4輪を駆動するランボルギーニのフラッグシップ、アヴェンタドールSが登場した。見かけもすごいが、静止から時速100kmまで2.9秒というスーパースポーツはどんな走りを見せるのか、サーキットと雪上の2カ所での試乗報告をお送りする。

Sのサフィックス

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

カッティングエッジという言葉をランボルギーニは好むようだ。革新的という意味のこの言葉は、新型アヴェンタドールSにぴったりだ。

Sの接尾記号(サフィックス)はランボルギーニファンにはおなじみ。ミウラ(1966年)や、本社のひとたちがクンタッシュと呼ぶカウンタック(71年)でも使われており高性能版を意味する。

じっさいアヴェンタドールSは従来のモデルより40馬力上がった740馬力という超弩級のパワーを出す6.5リッターV12エンジン搭載。最大トルクも690Nmとすさまじい。

ジャーナリスト向けのお披露目があったのはスペイン・バレンシアのサーキットだ。最大の目的は怒濤のパワーの体験、というより、いかにこのクルマが扱いやすいかを体験させてくれるところにあったようだ。

「私たちはロケットのスピードに近づいてきています。いっぽうで洗練性はどんどん上がっているのです」

試乗会に姿を見せたアウトモビリ・ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOは、サーキットでアヴェンタドールSの爆音を背景にして語ってくれた。

次ページ最大の注目点は統合制御システム
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT