「アヴェンタドールS」はどこでも楽しい車だ

ランボルギーニ旗艦モデルのスゴい実力

 

740馬力の6.5リッターV12エンジンをミドシップし、4輪を駆動するランボルギーニのフラッグシップ、アヴェンタドールSが登場した。見かけもすごいが、静止から時速100kmまで2.9秒というスーパースポーツはどんな走りを見せるのか、サーキットと雪上の2カ所での試乗報告をお送りする。

Sのサフィックス

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

カッティングエッジという言葉をランボルギーニは好むようだ。革新的という意味のこの言葉は、新型アヴェンタドールSにぴったりだ。

Sの接尾記号(サフィックス)はランボルギーニファンにはおなじみ。ミウラ(1966年)や、本社のひとたちがクンタッシュと呼ぶカウンタック(71年)でも使われており高性能版を意味する。

じっさいアヴェンタドールSは従来のモデルより40馬力上がった740馬力という超弩級のパワーを出す6.5リッターV12エンジン搭載。最大トルクも690Nmとすさまじい。

ジャーナリスト向けのお披露目があったのはスペイン・バレンシアのサーキットだ。最大の目的は怒濤のパワーの体験、というより、いかにこのクルマが扱いやすいかを体験させてくれるところにあったようだ。

「私たちはロケットのスピードに近づいてきています。いっぽうで洗練性はどんどん上がっているのです」

試乗会に姿を見せたアウトモビリ・ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOは、サーキットでアヴェンタドールSの爆音を背景にして語ってくれた。

次ページ最大の注目点は統合制御システム
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。