マツダ「CX-5」最新進化で一体何が変わったか

これは運転者の「感覚」に忠実なSUVだ

 

マツダがさきごろCX-5の新型を発売した。スタイリングはキープコンセプトだが、それで早合点してはいけない。静かになって、しかも操縦の楽しさがぐんとアップしている。

マツダのなかで、いまもっとも売れているSUV

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

日本におけるマツダ車の売り上げは、実に約4割がSUV(スポーツ多目的車)だという。同社の小飼雅道社長兼CEOは、セダンの比率を今後増やしてきたい、と語ったようだけど、新型CX-5はさすがにSUVのマツダ?だけあって、よい出来だった。

2017年2月に販売を開始した新型CX-5。ガソリン・エンジンは2リッターと2.5リッター、ディーゼルでは2.2リッターを用意する。どちらも前輪駆動と4WDの2本立てだ。

一見“本当にモデルチェンジしたの?”とギモンに思ってしまうかもしれないけれど、従来型と並べてみると、顔つきはあきらかにシャープになっている。ボディサイズは従来モデルとほぼおなじで、全長4545mmに全高1690mmの車体は使い勝手がよく、後席にも充分な広さがある。

同時にクリーンな造型で、かつ品質感を重視した作りの内装は、輸入車の好敵手だ。実際に、たとえばフォルクスワーゲンと比較検討しているひとは、ぼくの知り合いにも数人いる。

次ページ新型で大事にしたこと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。