マツダ「CX-5」最新進化で一体何が変わったか

これは運転者の「感覚」に忠実なSUVだ

マツダがさきごろCX-5の新型を発売した。スタイリングはキープコンセプトだが、それで早合点してはいけない。静かになって、しかも操縦の楽しさがぐんとアップしている。

マツダのなかで、いまもっとも売れているSUV

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

日本におけるマツダ車の売り上げは、実に約4割がSUV(スポーツ多目的車)だという。同社の小飼雅道社長兼CEOは、セダンの比率を今後増やしてきたい、と語ったようだけど、新型CX-5はさすがにSUVのマツダ?だけあって、よい出来だった。

2017年2月に販売を開始した新型CX-5。ガソリン・エンジンは2リッターと2.5リッター、ディーゼルでは2.2リッターを用意する。どちらも前輪駆動と4WDの2本立てだ。

一見“本当にモデルチェンジしたの?”とギモンに思ってしまうかもしれないけれど、従来型と並べてみると、顔つきはあきらかにシャープになっている。ボディサイズは従来モデルとほぼおなじで、全長4545mmに全高1690mmの車体は使い勝手がよく、後席にも充分な広さがある。

同時にクリーンな造型で、かつ品質感を重視した作りの内装は、輸入車の好敵手だ。実際に、たとえばフォルクスワーゲンと比較検討しているひとは、ぼくの知り合いにも数人いる。

次ページ新型で大事にしたこと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT