「正直すぎる発言」で身を滅ぼす残念な人たち

なぜ失言は繰り返されるのか

あるいは、専門商社で営業をしているDさん。大口の取引先の担当者から「業績は順調ですか?」と聞かれたので、(正直に)「今期は過去最高益を上げられそうです」と回答。すると

「儲かっているなら安くできるよね」

と次回以降の発注で嫌味な言葉も添えた値引き依頼がやってきました。これまで値引きなど要請されることがなかった取引先から想定外の要望です。Dさんは上司に値引きの相談をすることになりましたが、上司は呆れた顔で、

「君はパンドラの箱を開けてしまったようだ。値引き依頼は断ることはできないだろうから、仕方ない……」

と、値引きを受け入れるよう指示をしました。会社的には大きな利益損失となったようです。

ちなみにDさんの会社は非公開企業。業績を詳細に開示していません。値引き対応をせざるえない状況をつくったことに対して、社内では「融通の利かないやつ」とレッテルを張られることになったようです。ついには営業から外されることになりました。こうなると正直すぎる発言が失言になったと自覚、反省するしかありません。本人的としては不本意でしたが反論することはできませんでした。

失言で社内をかき乱したKさん

さらにもう1つ、社内での(正直すぎる)不用意な失言を紹介します。事務機器メーカーで管理部門に勤務しているKさん。ある同僚に、

「自分は周囲から何かあだ名で呼ばれているのかな?」

と本人から聞かれたときに、(正直に)「●●と呼ばれていますよ」と返答。すると、そのあだ名が本人が傷つく表現だったので、「なんだと。ばかにするな」と大激怒。「そのあだ名をつけた人物を見つけたら、ただでは済ませないぞ」と社内で大きな波紋を起こすことになってしまったようです。

当然ながらその同僚は、波紋を起こした張本人として社内では批判されることになりました。さらに「君も私を●●と呼んでいたの?」と聞かれて、(正直に)「はい」と答えたので、「口も聞きたくない」と絶縁関係になってしまいました。

さらにほかの同僚から「失言で社内をかき乱した」戦犯扱いをされ、職場で居場所がなくなる状況に。現在では転職も考えるくらいに、つらい日々を過ごしているようです。

次ページ不用意な失言を避けるには
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT