「正直すぎる発言」で身を滅ぼす残念な人たち

なぜ失言は繰り返されるのか

このように正直すぎる発言が不用意な失言となり、報いを受けることになった3人。「自分もやりかねない」と感じた人はたくさんいるのではないでしょうか?

誰かをネガティブにする発言は「控える」

失言は悪意からとは限りません。正直な発言にもかかわらず、誰かを傷つけ、周囲に悪影響を与えることがあります。そんな、正直すぎる(不用意な)発言で報いを受けるのは避けたいもの。ならば、どうしたらいいのでしょうか?

沈黙は金なりという諺(ことわざ)がありますが、誰かをネガティブにする発言は絶対に控える発言基準をもつべき。その基準は正直さを超えるものです。うそをつくのではなく「控える」のです。

・言わないで控える

・知らないと控える

ことをお勧めします。さらに相手の質問に対して瞬発的に回答する前に「誰かをネガティブな状況にしないか?」数秒くらい間を置いてから発言するように心掛けましょう。

もし数秒置いても回答できないと判断したときには、「後日回答します」と先送りしても構いません。下手に知ったかぶりの発言するのは避けましょう。

さて、お釈迦様の説いた言葉で因果応報という教えがあります。原因をつくった人に結果が訪れるという意味ですが、自分の発言が持つ影響力を覚悟せよ……という教えと理解することもできます。あるいは口は災いの元、三寸の舌に五尺の身を滅ぼす、言わぬが花など、長い歴史を振り返っても、不用意な失言は自分に報いをもたらすとの教えはたくさんあります。報いを受けた政治家のように、失言で身を滅ぼさないように「控える」ことを忘れないでください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT