「正直すぎる発言」で身を滅ぼす残念な人たち

なぜ失言は繰り返されるのか

このように正直すぎる発言が不用意な失言となり、報いを受けることになった3人。「自分もやりかねない」と感じた人はたくさんいるのではないでしょうか?

誰かをネガティブにする発言は「控える」

失言は悪意からとは限りません。正直な発言にもかかわらず、誰かを傷つけ、周囲に悪影響を与えることがあります。そんな、正直すぎる(不用意な)発言で報いを受けるのは避けたいもの。ならば、どうしたらいいのでしょうか?

沈黙は金なりという諺(ことわざ)がありますが、誰かをネガティブにする発言は絶対に控える発言基準をもつべき。その基準は正直さを超えるものです。うそをつくのではなく「控える」のです。

・言わないで控える

・知らないと控える

ことをお勧めします。さらに相手の質問に対して瞬発的に回答する前に「誰かをネガティブな状況にしないか?」数秒くらい間を置いてから発言するように心掛けましょう。

もし数秒置いても回答できないと判断したときには、「後日回答します」と先送りしても構いません。下手に知ったかぶりの発言するのは避けましょう。

さて、お釈迦様の説いた言葉で因果応報という教えがあります。原因をつくった人に結果が訪れるという意味ですが、自分の発言が持つ影響力を覚悟せよ……という教えと理解することもできます。あるいは口は災いの元、三寸の舌に五尺の身を滅ぼす、言わぬが花など、長い歴史を振り返っても、不用意な失言は自分に報いをもたらすとの教えはたくさんあります。報いを受けた政治家のように、失言で身を滅ぼさないように「控える」ことを忘れないでください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT