「ヒモ」と呼ばれた男が極める専業主夫の道

桜沢エリカの人気漫画は彼の支えあってこそ

「普通の主夫じゃだめだ!やるからには、徹底的に極めてやる!」(武紀さん)

こうして家事と育児を完璧に極める「スーパー専業主夫」への第一歩を歩み出したのだ。

スーパー専業主夫が胸に刻んだ誓い…

結婚して17年、家庭を守り続けてきた武紀さんには、専業主夫を務めあげる
中で、ひとつだけ自分自身に誓ったことがある。それは、「子どもたちに寂しい思いをさせない」。妻が仕事で忙しい分、子どもといられる時間を大切にしてきたという武紀さん。娘を習い事へ送る車中では娘の恋愛相談に乗るなど、その仲の良さはお父さんというよりお母さんのよう。

父である武紀さんが娘の恋愛相談に乗ることも

最初は馴染めなかったママ友付き合いも、今では長男が通う高校でPTAの役員をするまでになり、ママ友たちのよきリーダーに。

そんな武紀さんの事を子どもたちは、どう思っているのか?

「全然、困ったことはないですね。逆に…他の家の親をみても面白くない。みんな、自分の親と話せてないから…」(息子)

愛娘には、お父さんの好きなところを聞いてみた。

「陽気なところ。すごい静かなお父さんとかいるじゃないですか。うちは全然違って、休みの時とか、爆音で音楽流したりとか、すごいネタ入れてきたりとか、頑張ってるんじゃないかなと思います。」(娘)

子どもたちの言葉に、武紀さんは嬉しそうに笑った。

男が外で働き、女が家を守る。それだけが理想の家族の姿でもない。TBSテレビ「結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち」次回は4月17日(月)よる7時~放送です

結婚して「専業主夫」という道を選んだ武紀さん。この選択は正解?それとも後悔?

「“主夫”という選択を、子どもが運んできてくれたと思っています。子どもも健やかに育ってるし、夫婦仲もいいし、楽しいです!」(武紀さん)

そして、最後に聞いてみた。妻、エリカさんの思いは…?

「彼がいなかったら、私はもう子どもを育てられなかったというか、子どもを持てた自信がないので、凄く有り難いと思っています!」(エリカさん)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT