ヤマト、宅急便の運賃を27年ぶり引き上げへ

値上げの内容については現在検討中

 4月13日、ヤマト運輸は宅急便の基本運賃を引き上げると発表した。基本運賃の値上げは、消費増税を除いて27年ぶり。都内で2月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 13日 ロイター] - 宅配便最大手のヤマト運輸は13日、宅急便の基本運賃を引き上げると発表した。基本運賃の値上げは、消費増税を除いて27年ぶり。値上げの内容については現在検討中。

また、Eコマースの普及で荷物が急増していることから、大口の顧客、低単価の顧客について、荷物量を抑制するよう、上期中をめどに交渉を進めることも明らかにした。

同社は、13日の取締役会で「働き方改革」の基本骨子を決定した。ECの急拡大と人手不足により配達ドライバーの厳しい労働環境が明らかになり、経営の最優先課題として挙げていた。

値上げにより確保した資金については、労働環境の悪化の要因の一つとされる再配達の削減に向けたIT投資や、宅配ロッカーの設置拡大などを進める方針。

6月中に宅急便の配達時間帯の指定区分も見直す。時間指定が集中していた「午後8時―午後9時」を「午後7時―午後9時」の2時間枠に変更。昼の休憩をしっかり取れるように「正午―午後2時」の枠を廃止する。また、4月中に再配達受付の締め切り時間を午後8時から午後7時に繰り上げる。

このほか、労働時間の管理や、休息をきちんと取ることができる制度の導入などにも取り組む。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT