本能寺の変、「本当の裏切り者」は誰なのか

教科書が教えない「明智光秀」以外の真犯人

ほかにも、事件の黒幕として「毛利氏説」「仏教勢力説」を唱える人もいます。

「毛利氏」「仏教勢力」説もある

【信長暗殺の黒幕3】「安国寺恵瓊(毛利氏)」説

甲斐(現在の山梨県)の武田氏が滅んだあと、信長にとって最も脅威となったのは中国の毛利氏でした。毛利氏は信長に派遣された秀吉と攻防を繰り広げていましたが、まもなく信長自身による本格的な攻勢が始まることを知り、存亡の危機に直面していました。

そこで、毛利氏の使僧(外交僧)だった安国寺恵瓊(えけい)が、光秀や秀吉への全面協力を条件に信長暗殺をけしかけ、これを実行させたとすれば……?

後に秀吉の時代となり、安国寺恵瓊や毛利氏はとくに優遇を受けています。「信長にかわって秀吉が天下をとれたのが、安国寺恵瓊や毛利氏のおかげだった」と考えれば、納得できる処遇です。

【信長暗殺の黒幕4】「仏教勢力」説

信長は比叡山延暦寺や石山本願寺など、仏教勢力を弾圧し、その恨みを買っていました。

特に石山本願寺は、最後まで信長に対抗する姿勢を見せていたものの、信長の要請による天皇からの仲介で和睦となり、本拠地である大坂を退去させられていました。

このような中で、信長に強い反感を抱いていた本願寺の勢力が、「いつかは信長を亡き者に」と考えていたとすれば……? 信長がキリスト教を積極的に保護していたことから考えても、十分に説得力のある説です。

そして、これらの諸説の中でも、現時点で最も有力なのが、次の「黒幕説」です。

次ページ最も有力な「黒幕説」は誰?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT