「口臭が気になる人」に教えたい予防策5選

原因の9割は口の中にある

口臭を気にしすぎて他人とのコミュニケーションを避けてしまうのは良い選択とはいえないでしょう。口臭がどのようなときに起こりやすいかを知り、それに合った対策をすることをお勧めします。

原因の90%は口の中

口臭の原因の90%は口の中にあるといわれており、「生理的口臭」と「病的口臭」に分けることができます。

生理的口臭

誰にでも起こるもので、時間帯やストレス、生活習慣、飲食によって左右されます。口臭の多くが生理的口臭から起こっているとされています。口臭が強くなっている時は口の中がいつもと違って不快な状態になるため自分でも気がつくことが多いです。

(1)舌苔(ぜったい)

舌の上に付着している白い堆積物です。健康な状態ではうっすらついている程度でにおいを発することはありません。時間帯や舌を動かす程度、体調によってつき具合が変わり、厚く付着すると硫黄ガスのようなにおいを発します。

(2)口の乾燥

就寝時や緊張しているときなどは唾液が減り、口の中が乾燥します。そうすると口の中の細菌が繁殖し、口臭を発します。同じ理由で鼻で呼吸せず口呼吸をしている場合にも口臭が強くなります。

(3)飲食

ニンニクやネギなどのにおいの強い物や、アルコールを摂取すると口臭を発します。これは口の中に残ったカスがにおう場合と、胃腸で消化されて血液中に吸収されたニオイ物質が血管を通して肺に達し、肺から吐く息とともに排出されてにおう場合があります。これらは時間が経つとなくなる一時的な口臭です。

(4)歯垢(しこう)

歯磨きをしないでいると、歯の表面に細菌の塊である歯垢がたまってきます。そうすると細菌が代謝して発生するニオイ物質が、口臭の原因となります。

(5)膿栓(のうせん)

のどの扁桃(へんとう)の部分に膿栓と呼ばれるカスがたまることがあります。くしゃみや咳で出てくることが多いですが、これがたまっていると口臭の原因になることがよくあります。

(6)ホルモンバランス

女性の場合、ホルモンバランスによっても口臭が強くなることがあります。

次ページ慢性的な病気が引き起こす「病的口臭」と対策
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。