FB幹部が伝説のサーフブランドを救ったワケ

いつまでも「昔のまま」であってほしい

フェイスブックをやめてバードウェルのCEOになったジェフ・クロウソン氏と共同オーナーのナタス・カウパス氏(写真:Carlos Gonzalez/The New York Times)

バードウェル・ビーチ・ブリッチズ――このブランドの名前を知らない人もいるだろうが、知っている人は大好きなはずだ。

こう話すのはマット・ジェイコブソン。彼はカリフォルニアのマンハッタンビーチで父親と一緒にサーフィンをして育ち、夏の間じゅうこのブランドの手縫いのボードショーツをはいていた。

彼は成長して、フェイスブックの最初の従業員の1人となった。56歳となった今ではマーケティング開発の部門を率いており、かなりの貯蓄もできた。その彼が何年も前に、バードウェルを買おうと決めた。設立から55年以上も経ったこのブランドの伝統を守り、同社が南カリフォルニアに存在し続けて、これまでと同じように人間味のあるボードショーツを作り続けられるようにするためだ。

J.クルーでも毎年売り切れ

「バードウェルほどの伝統と評判と、顧客ロイヤルティを備えたブランドは数少ない。ライセンス提供などでかき乱されてもいない」。ジェイコブソンはインタビューでこう話した。「だから、面白いと思ったんだ」。

2014年、彼はついにオーナーであるバードウェル家からこのブランドを買った。バードウェル家のこの事業への関心は薄れており、売却も渋っていた。ジェイコブソンは買い取った株式を友人たちに売り、その友人たちがいま会社を復活させている。

新しいオーナーたちは、成長を目指して攻めの計画を立てている。たとえば、バードウェルはJ.クルー(J.Crew)などの小売業者と提携し、その業者だけの限定バージョンなどを販売している。J.クルー会長兼CEOのミラード・ドレクスラーは電話で、J.クルーはここ3年ほどバードウェルのボードショーツを販売していると話した。

ドレクスラーは言う。「ずっとこのブランドと製品が気に入っていて、何年も買収しようとしていた。だが、マット(ジェイコブソン)が買収に成功し、それは彼にとっても、私たちにとってもよいことだった」。

次ページ知る人ぞ知るブランドの誕生
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT