1万円台から買える最新ホームベーカリー3種

「糖質制限パン」が焼けるモデルも登場

「SD-BMT1001」実勢価格3万1190円前後(写真提供:パナソニック)

本格的にパン作りを楽しみたい、さらには短時間でパンを焼きたいと考えるなら、インバーターモーター採用で、メニューによってモーターの回転数を自在に変えられるようになったパナソニックの「SD-BMT1001」を選びたい。

このモデルのいちばんの特徴と言えるのが、60分でふっくらとしたパンが焼けることにある。ホームベーカリーが搭載する「早焼き食パン」は、通常、パンのようにイーストで膨らませずに焼くため、ケーキのような食感が多かった。そうでないモデルでは早焼きと言いつつ、焼き上がるまでに3時間以上かかることが当たり前だった。

しかし、SD-BMT1001の「60分パン」は異なる。一般的に、ホームベーカリーでパンを焼くときはイーストが水に直接つかないようにするのが基本だ。眠らせているドライイーストが突然活動を再開しないように、生地をこねながらゆっくりと混ぜ込んでいくのだ。

「60分パン」では、イーストをお湯で溶き、生地に混ぜることで、素早く生地を発酵させて膨らみのあるパンが焼けるのだ。1時間でパンが焼けるなら、ちょっと早く起きれば、朝からの準備でも焼きたてパンが楽しめるというわけだ。

サンドイッチ用のパンまで焼ける

サンドイッチ用のパンや、8分で作れるクリスピーなピザ生地など、多彩なパンが焼ける(写真提供:パナソニック)

また、このSD-BMT1001ではさまざまな食パンが焼ける。たとえば、小麦粉の香りがより楽しめる「パン・ド・ミ」ではもちもち食感や、ふんわり食感が選べる。また、水分をちょっと減らすことで、固めに仕上げたサンドイッチ用パンコースも用意。

タイマーにより、イーストやレーズン、ナッツなどを自動投入する機能も備えている。インバーターモーター機能を利用したマーブルパンや柔らかい具材も混ぜられる「粗混ぜ」機能、余ったご飯を生地に追加するごはんパンコースなど多彩なパン作りが楽しめる。さらにピザ生地を8分で作る機能も備えている。

初めてホームベーカリーを使う人から、ホームベーカリーを愛用している人まで、多くの利用者が満足できる、多機能モデルだ。

次ページ糖質をカットしたパンが焼ける
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。