研究開発費の大きい「トップ300社」はこれだ

1位トヨタは「ケタ違い」の1兆円超!

トヨタ自動車が3月16日に発表し、販売を始めたレクサスブランドの超高級クーペ「LC500」。炭素繊維強化プラスチックなど高性能素材を採用、安全性も継続的に引き上げている(撮影:尾形文繁)

自動運転に人工知能、難病の特効薬、高性能な新素材……。いつの時代も、画期的な技術が世の中を変えていく。そこに欠かせないのが研究開発だ。とりわけ製造業にとって研究開発は競争力を維持・向上するためになくてはならない血液のようなものだ。

東洋経済オンラインは上場企業の本決算における研究開発費を調べ、トップ300社をランキングにした。どんな会社が積極的に研究開発におカネをかけているのか、売上高、従業員数の企業規模と併せてご覧いただける。

1位はトヨタ自動車で1兆0556億円。自動車業界ばかりか、日本企業全体を代表するメーカーだ。そのトヨタが年間に投じる研究開発費はランキング中、ただ1社だけ1兆円を超えており、まさにケタ違いだ。先端を走るハイブリッド車(HV)関連のほか、燃料電池、自動運転など環境対策やネット対応に向けて取り組むべき課題が多いために、巨額の費用を研究開発に投じている。

上位には日本を代表するメーカーがずらり

2位はホンダの7198億円、3位は日産自動車の5319億円と大手自動車メーカーが続いた。トヨタには及ばないが、自動車は日本企業が世界でトップを争う数少ない産業分野。さまざまな分野で最先端技術のスピード感を伴う研究開発が求められており、それが世界で通用する基盤になっていることを示している。

上位を見ると自動車や電機、製薬などといった大手製造業が多い。中には研究開発費が足元の業績の重荷になっている企業もある。だが、苦しいときも競争力の源泉たる画期的な新技術に挑み続けることが、やがて大きな収穫につながることは、大いにありうるだろう。

次ページまずはトップ50社!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT