北陸新幹線「東北とひと味違う」駅前の開拓術

開業から2年「特需」が一段落した信越の今

雪が降りしきる飯山駅。ビッグデータを利用した旅客分析が始まっている(2017年2月、筆者撮影)

北海道新幹線の開業から1年、北陸新幹線の開業から2年が過ぎた。どちらの沿線も「開業特需」が一段落し、新たな「新幹線時代」の姿が見えつつある。両路線とも、筆者は沿線事情を追い切れていないが、2月下旬、真冬の長野県飯山市と新潟県上越市を訪れて、「信越の素顔」に接する機会があった。そして、開業対策の深化や、ビッグデータ活用の動きが起きていることを知った。春の節目の沿線模様を点描する。

「かまくら」の並ぶ飯山駅前

この連載の記事一覧はこちら

真冬の飯山市は、すっぽりと雪に覆われていた。過去何度かの訪問は夏から秋だったので、筆者にとっては初めて目にする「雪国・北信濃」らしい景観だ。JR飯山駅前には「かまくら」がいくつか並んでいた。直前の2月11、12日に開かれた「第35回いいやま雪まつり」と「第17回かまくら祭り」のPRの名残だ。ともに、「雪と寺のまち」を掲げる同市を代表するイベントで、100体以上の「雪見灯籠」や市民手作りの大型雪像が市内に作られていたという。

飯山駅前のかまくらとベンチ(2017年2月、筆者撮影)

かまくらの中にはベンチとテーブルがあり、寒いながらもくつろげるようになっていた。そして、5月の大型連休に開かれる「いいやま菜の花まつり」のポスターが。真っ白なかまくらの中を彩る、鮮やかな黄色い菜の花の写真から、「春にまた会いましょう」という、控えめながら真っすぐなメッセージが伝わってきた。

次ページ東北とは違う「冬季のにぎわい」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT