北陸新幹線「東北とひと味違う」駅前の開拓術

開業から2年「特需」が一段落した信越の今

雪が降りしきる飯山駅。ビッグデータを利用した旅客分析が始まっている(2017年2月、筆者撮影)

北海道新幹線の開業から1年、北陸新幹線の開業から2年が過ぎた。どちらの沿線も「開業特需」が一段落し、新たな「新幹線時代」の姿が見えつつある。両路線とも、筆者は沿線事情を追い切れていないが、2月下旬、真冬の長野県飯山市と新潟県上越市を訪れて、「信越の素顔」に接する機会があった。そして、開業対策の深化や、ビッグデータ活用の動きが起きていることを知った。春の節目の沿線模様を点描する。

「かまくら」の並ぶ飯山駅前

この連載の記事一覧はこちら

真冬の飯山市は、すっぽりと雪に覆われていた。過去何度かの訪問は夏から秋だったので、筆者にとっては初めて目にする「雪国・北信濃」らしい景観だ。JR飯山駅前には「かまくら」がいくつか並んでいた。直前の2月11、12日に開かれた「第35回いいやま雪まつり」と「第17回かまくら祭り」のPRの名残だ。ともに、「雪と寺のまち」を掲げる同市を代表するイベントで、100体以上の「雪見灯籠」や市民手作りの大型雪像が市内に作られていたという。

飯山駅前のかまくらとベンチ(2017年2月、筆者撮影)

かまくらの中にはベンチとテーブルがあり、寒いながらもくつろげるようになっていた。そして、5月の大型連休に開かれる「いいやま菜の花まつり」のポスターが。真っ白なかまくらの中を彩る、鮮やかな黄色い菜の花の写真から、「春にまた会いましょう」という、控えめながら真っすぐなメッセージが伝わってきた。

次ページ東北とは違う「冬季のにぎわい」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。