北海道新幹線1年、道南に「東北化」の兆し

ダイヤ改正で青森-函館はさらに遠く

新函館北斗駅前の複合商業施設。ニセコに向かう外国人観光客が通り過ぎる(2017年1月・筆者撮影)

北海道新幹線は3月26日で開業1周年を迎えた。沿線の変化を追い切れない中、JR北海道は3月16日に利用状況を公表し、乗客が前年より68%増えたことが明らかになった。翌17日には新函館北斗駅前にホテル・飲食機能を持つビルがオープンした。

だが、同4日のダイヤ改正に伴い、青函地域の利便性低下が加速して、波乱含みの「2年目」を迎えつつある。ようやく輪郭が浮かんできた、北海道新幹線や青函圏の現状と課題、可能性を探ってみた。

利用者数は在来線時代より約7割増

この連載の記事一覧はこちら

JR北海道は3月16日、2016年3月26日の開業日から2017年2月末までの利用実績(新青森-新函館北斗間)を公表した。1日平均の利用者数は6500人で、在来線当時より68%増えた。

新たに開業した新函館北斗駅の乗車人数は1日約2100人、木古内駅(北海道木古内町)は約100人、奥津軽いまべつ駅(青森県今別町)は約60人となった。公表データから、利用者数を計算してみると、開業から2017年2月末までの利用者数は約220万人とはじき出せた。

JR東日本管内の各路線・駅の2015年度データによれば、東北新幹線の1日当たり利用者は、盛岡-八戸間が1万5442人、八戸-新青森間は9975人なので、盛岡-八戸間に比べると、八戸-新青森間がちょうど3分の2に減り、さらに新青森-新函館北斗間がちょうど3分の2に減る――という「需要先細り型」の傾向がきれいに現れた。

よく対比される、北陸新幹線の上越妙高-糸魚川間(ともに新潟県)に比べれば、新青森-新函館北斗間は3割弱の水準だ。

次ページまずまずの健闘?「特需」は続くか
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。