北海道新幹線1年、道南に「東北化」の兆し

ダイヤ改正で青森-函館はさらに遠く

函館駅と新函館北斗駅を結ぶ「はこだてライナー」。青函圏はダイヤ改正で「遠く」なった(2017年1月・筆者撮影)

地元住民にとって、残念な動きもあった。JRグループの3月4日のダイヤ改正で、青函圏はさらに「遠く」なった。3月3日付の北海道新聞記事によれば、青森駅と函館駅を結ぶ列車乗り継ぎの最長時間は、改正前より9分長い2時間40分に。基本ダイヤの上下26本の平均所要時間は2時間4分と、改正前と変わらず、7本はそれまでより早くなった半面、8本が遅くなった。

新幹線開業前に青森駅-函館駅を直結していた在来線特急「スーパー白鳥」「白鳥」の所要時間は平均1時間55分だったといい、新幹線26本中、実に18本が、在来線時代の時間距離を上回る。その間、新青森駅と新函館北斗駅で2回の乗り継ぎを挟み、さらに料金が上がったことは、本連載で何度も触れてきた通りだ。

上記の「2時間40分」の接続ダイヤでは、新幹線の乗車時間が1時間1分なのに対し、新青森駅と新函館北斗駅の待ち時間が計1時間11分に達する。青函圏の住民からは、facebookなどで、悲鳴に近いため息が上がっている。

企業に現れる「道南の東北化」

北海道新幹線開業から初の冬を迎えた木古内駅(筆者撮影)

一方で、非常に興味深い情報にも接した。大阪市に本社を置くパッケージ企業「ザ・パック」は新幹線開業後、道南エリアを、札幌市の北海道支社から、青森営業所の管轄に移していた。同社に照会したところ、まだ成果が目に見える段階ではないが、時間距離が圧倒的に近いことによるという。

例えば、新函館北斗駅ではなく、木古内駅を起点とした、レンタカーによる営業活動を考えれば、今後、似たようなケースが出てくるかもしれない。「道南の東北化」の兆候とも言える。

次ページ「青森以遠」に向かう道南の関心
関連記事
トピックボードAD
  • 30歳とお金のリアル
  • 北朝鮮ニュース
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。