北海道新幹線、開業日に乗って分かったこと

車内や駅はお祭り騒ぎだが、今後に不安も…

3月26日に東京駅で開かれた北海道新幹線の出発式。CMに出演した「サンドウィッチマン」の2人もゲストとして参加

「JR東日本がスタートしたとき、東北新幹線は盛岡までだった。東日本大震災でストップした時期もあったが、そうした苦難の時期を乗り越え、今日いよいよ北海道の地に新幹線が乗り入れる」。東京駅21番ホーム上で開かれた北海道新幹線の一番列車出発式で、JR東日本の冨田哲郎社長はこう語った。

2016年3月26日、北海道新幹線の新青森〜新函館北斗間約149kmが開業した。2010年12月の東北新幹線・八戸〜新青森間開業から5年余り。新幹線は津軽海峡を越え、ついに北の大地へと乗り入れを果たした。

2番列車もほとんど満席

画像を拡大
新函館北斗駅で行われた一番列車の出発式(提供:JR北海道)

初日の列車は一番列車を除けば多少の空席があったものの、東京駅を出発する2本目の新函館北斗行きである6時56分発「はやぶさ47号」の車内も大宮駅を出るころにはほぼ満席に。

東北の空は開業を祝うかのように晴れわたり、途中の新花巻駅手前ではラベンダー色のラインが入ったJR北海道の車両、H5系が車体を輝かせながらすれ違った。

乗客の大半は北海道新幹線の「初乗り」目当てと思われる旅行者。「一番列車は席が取れなかったが、初日に乗りたかった」という男性は車内放送の「新函館北斗行きです」との案内に感慨深げだ。家族連れの姿も目立ち、車内の案内表示器に表示される「新函館北斗行き」の文字にスマートフォンやカメラを向ける人の姿も多い。

仙台をはじめとする途中駅で降りる人もいるものの、8割超の座席が埋まった状態で「はやぶさ」は新青森駅を発車し、北海道へ向けて一気に加速し出した。

次ページ開業に沸く新函館北斗駅
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。