北海道新幹線の平均乗車率はたったの25%!?

収入維持へ「お得なきっぷ」はネット限定販売

北海道新幹線の料金は他の新幹線に比べ高額だ(写真:やぶき/PIXTA)

2016年3月26日に、北海道新幹線新青森~新函館北斗間が開業する。

開業初日1番列車の指定券は、新函館北斗発が25秒、東京発が30秒で完売する人気を誇る一方、開業日からの9日間の平均乗車率が25%に留まることが北海道旅客鉄道(JR北海道)から発表され、利用促進の強化が急務となっている。

北海道新幹線の健全運営の根幹は、特別急行料金の決定にあった。2015年10月13日に、北海道旅客鉄道(JR北海道)は北海道新幹線特別急行料金(特急料金)の上限設定について国土交通大臣に申請した。

新青森~新函館北斗間148.8kmの特急料金(自由席又は立席特急料金)は3,930円などとなり、他の新幹線と比べて極めて高額の料金設定となった。同11月26日に函館市で開催された国土交通省運輸審議会の公聴会(以下、公聴会)では、一般公述人全員が反対する異例の展開となった。

高額料金で「お得なきっぷ」に期待

結局、同審議会は同12月22日、JR北海道からの申請通りの特急料金を認めたものの、審議会委員1名の反対意見を付記するとともに、高額料金となったことについての丁寧な説明や青函トンネル内での速度向上の早期実現、青函トンネル維持に関するJR北海道への公的支援を求める付帯意見を付する答申書を公表した。

法的にはJR北海道からの料金申請に問題はないものの、高額料金に対する根強い懸念がある中で同社の申請どおり認めることの難しさが浮き彫りになったと言える。

JR北海道の申請通りに料金が認められたことを受けて、次の焦点は割安な企画きっぷの発売に移っていった。

次ページ企画きっぷはネット限定販売に
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT