山手線の車両は、いつ黄緑色になったのか

通勤電車は、今でも進化が続いている

今とはまったく別の駅のような大井町駅に停車する京浜東北線の103系電車。駅周辺は再開発によって様変わりし、当時の面影はない

この春のダイヤ改正では豪華列車が姿を消したり、新しい新幹線が北海道に乗り入れたりと話題には事欠かないが、地味な鉄道の話題ながら首都圏、関西圏の通勤通学電車にも大きな変化が見られそうだ。

目玉は山手線の新型電車E235系。久々の山手線の新型電車に大いに期待するとともに、過去の大都市圏の通勤、通学電車を改めて振り返ってみたい。

昔は茶色や黄色だった山手線

画像を拡大
恵比寿-目黒間を走る山手線の103系電車。バックに恵比寿のビール工場が見える
画像を拡大
1952(昭和27)年ごろ、高田馬場-新大久保間を走る旧型国電とD51重連の牽く貨物列車(写真:大塚康生)

かつては鉄道省が運行していたことから「省線」と呼ばれた大都市の通勤路線山手線が、現在のぐるり一周の環状線になったのは1925年のこと。終戦のころには大量輸送用の63系が登場した。当時の電車はチョコレート色の半鋼体による車体でゲタ履きで気軽に乗れることから、「ゲタ電」として親しまれた。

この「ゲタ電」は、山手線などから引退すると青梅線、五日市線、地方では仙石線などで第2の人生を送っていた。この電車を我々国鉄時代にゆかりのある鉄道ファンは「国電」と呼んでいた。当時超満員のラッシュアワーでは「酷電」とも呼ばれていた。

山手線には、1961年に「新性能車」と呼ばれた101系が登場、カナリア・イエロー色の車体で運転を始めた。続いて1963年にはモデルチェンジされた103系が投入され、ウグイス色(黄緑)の車体になった。現在まで続く山手線のウグイス色はこのときに始まった。

次ページ黄緑から銀色電車の時代へ
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。