山手線の車両は、いつ黄緑色になったのか

通勤電車は、今でも進化が続いている

画像を拡大
一世代前の山手線電車、205系
画像を拡大
旧型国電63系塗装を再現したE231系のラッピング電車
画像を拡大
最新型のE235系は3月から運転を再開した

103系電車は当時の国鉄のベストセラー車両で、山手線、京浜東北線、総武線などの都市圏輸送の花形となった。マイナーなモデルチェンジをしながら長く首都圏や関西の通勤電車として活躍していたが、その後205系などに代わっていった。

残念ながら首都圏ではすでに引退し、走る姿を見ることはできないが、一部の103系は現在もJR西日本の路線で活躍中という長寿電車である。

その103系の次世代車として1985年に登場し、山手線では2005年まで使用されたのが205系だ。銀色のステンレス車体に山手線色の黄緑色の帯を付けたカラーで、登場時から全て冷房車だった。

この電車は国鉄として最後に導入された山手線の電車で、当時は高性能を誇り、今も西日本地区では運用されている。

現在の山手線の主力となっているのは、2002年4月に使用開始されたE231系(500番台)だ。この車両もすでに登場から13年。新世代の車両としてE235系が2015年11月から営業運転開始したが、登場して早々に初期故障が発生し、2016年2月までメンテナンスを行っていた。この3月1日から再度営業運転に入っている。

東京の電車がジャカルタに集結

画像を拡大
JR東日本の顔となったE233系

中央線快速電車で長く使われた201系に代わる電車として2007年に登場し、JR東日本の京浜東北線、横浜線、南武線など都市圏輸送の通勤電車として幅広く活躍しているのがE233系だ。この前面のスタイルは、JR東日本の中距離電車にも採用されており、JR東日本の顔ともいえる電車である。

南武線では、主力電車だった205系は2016年までにすべてE233系に代わった。同線で活躍していた205系電車はジャカルタに輸出されることになり、さよなら運転では名残を惜しむ多くの鉄道ファンが見送った。ジャカルタには埼京線や横浜線で活躍していた205系も輸出されており、南武線や埼京線、横浜線で走っていた当時の車内装飾、設備のままで走っている。東京メトロや都営地下鉄の車両も輸出されており、ジャカルタにはかつての東京の通勤電車が集まっている。

次ページ関西の顔は「新快速」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。