競馬「GⅠレース」が別格の興奮を呼ぶ理由

季節ごとに変わるファンの楽しみ方とは?

重賞レースは距離や年齢・性別など条件ごとに体系化されている。

春は3歳のクラシックがメインだ。1月、2月はGⅢ、3月には弥生賞やスプリングSなど皐月賞のトライアルGⅡやチューリップ賞など桜花賞のトライアルGⅡ・GⅢが行われる。

4月には桜花賞、皐月賞とクラシックが始まり、5月のオークス、日本ダービーで春の3歳牡馬・牝馬の頂点が決まる。通常は3歳は牡馬が皐月賞から日本ダービー、牝馬は桜花賞からオークスへ向かう。

今年、台風の目になりそうな3歳馬「ファンディーナ」

しかし、今年は3戦3勝の牝馬ファンディーナが皐月賞へ向かい、結果次第ではダービーに向かうというローテーションを予定している。こうした型破りな馬がクラシックをさらに盛り上げる。

3歳のマイラー(1マイル〈1600メートル〉前後の距離の競走を得意とする馬)にはNHKマイルカップというGⅠもある。4歳以上の古馬は短距離が高松宮記念、マイラーが安田記念、中距離は大阪杯、牝馬はヴィクトリアマイル、ダートはフェブラリーステークスのGⅠを頂点にステップレースが整備されている。上半期のグランプリは宝塚記念。これで中央競馬の1年の前半を締めくくる。

夏場はローカルでのレースが主戦場となり、GⅠはない。七夕賞(福島競馬場)などのサマー2000シリーズ、中京記念(中京競馬場)などのサマーマイルシリーズ、サマースプリントシリーズがある。秋は3歳が長距離の菊花賞、牝馬が秋華賞が目標。古馬(4歳以上)は短距離がスプリンターズS、マイラーであればマイルCS、中距離は天皇賞・秋がそれぞれ目標とするGⅠだ。

さらにチャンピオンを決めるレースとして中長距離がジャパンカップとグランプリの有馬記念、ダートがチャンピオンズカップ、牝馬がエリザベス女王杯となる。重賞の日程は距離や年齢・性別などの条件ごとにローテーションができるだけタイトにならないように工夫して組まれている。

なぜGⅠレースが盛り上がるのか。各路線ごとにステップレースを戦ってきた馬たちの頂点を決めるレースだからだ。ファンからすると、そこまでの戦いを順番に追いかけてきているからこそ、見応えがあり予想のしがいもある。自分が目をつけて期待してきた馬が結果を出す時期でもある。

春はクラシックシーズン。最も競馬が面白い時期だ。まずは手始めに日本ダービーを目標にした3歳馬の頂点へ向かう戦いを追ってみてほしい。一生に1度の舞台に出走するために、競走馬と関係者は懸命だ。華やかなGⅠへ駒を進めるためのハードで見ごたえのある戦いにぜひ注目してほしい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT