ひきこもりの少女は人気アニメ作家になった

「ここさけ」「あの花」の作者が自伝を出版

しかし、その1章ごとにもらう原稿は、ひきこもりだった少女が、母親とふたりきりの長い長い時間を過ごし、やがて「お話」に出合い、そして秩父の自分の部屋を出て、アニメ作家になっていくさまが本当に正直に書かれていた。

みんなのマグカップ。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」より(イラスト:田中将賀)

そして『あの花』に登場するひきこもりの少年じんたんも、『ここさけ』のヒロイン、トラウマで声が出せなくなってしまった成瀬順も、岡田さん自身の経験が反映されていることがわかってくる。

今、しんどい思いをしている子どもとその親に

中学校時代の岡田さんは学校にずっと行けないでいたけれど、始業式や終業式という行事の際には、1週間前から準備してなんとか行っていた。

岡田 麿里(おかだ まり)/1976年秩父生まれ。小学校の高学年から不登校となり、ひきこもる。高校に進学するも、ここでも学校に行けなくなる。作文を教師とやりとりして何とか卒業、東京のゲームの専門の学校に入った。専門学校時代に脚本を書くことを始め、1997年にVシネマの脚本でデビュー。自らを閉じ込めた街、秩父を舞台にした『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』を企画から持ち込み、2011年にフジテレビでアニメ化。2015年の『心が叫びたがってるんだ。』とともに秩父をアニメの聖地にしたヒット作を立て続けに書いた。他に『花咲くいろは』(2011年)など脚本多数

〈アニメ『あの花』で、ずっと学校を休んでいた主人公のじんたんが外に出るシーンがある。ドアの前で近所の人の声が聞こえたため、わずかに躊躇するのだが、ヒロインの目もあり外出を決意するのだ。私の場合は、母親の目……正確に言えば、母親の気配だった。リビングから出てこない母親が、耳に全神経を集中。私の動向を探っているのがビシビシ感じられ、追い立てられるように外に出る。〉

ちなみに本では、『あの花』のじんたんの家は、たまたま岡田さんの実家にあげてしまったアニメのスタッフが気に入り、そのまま「じんたん」の家にされてしまったことが明かされるが、掘ごたつのある居間の隣、道に面している部屋が岡田さんの部屋だった。

『ここさけ』では、声が出せない成瀬順が、近所の人が回覧板を回してきても、対応できないので、電気もつけずじっと息を潜めているシーンがある。で、近所の人が順のことをうわさしているのが、部屋にいる順には聞こえている。

〈「人にうわさされる」というのは、私も正直きつかった。私の自室は道路に面していたので、近所の声などは筒抜けだったのだ。「麿里ちゃんが……」というワードがちらとでも聞こえてきたときは、とりあえず布団の中に隠れた。布団に顔を覆われていると音が聞こえないだけでなく、酸素が足りなくなって頭がぼうっとしてきて、ちょっとだけ何も考えられなくなる。〉

本の後半は、岡田さんが秩父の自分の部屋を出て、アニメの脚本家を目指すことになる立志篇だが、成功した後、母親から連絡をもらうシーンが私は好きだ。『ここさけ』の上映が始まった直後のことだ。

次ページ私の作品をろくに観ないはずの母親からの連絡
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT