意外と簡単!プログラミングはこうして学ぶ

現役エンジニアの面倒を一気に解決する技術

好奇心の強い方向けに、プログラムの内容をざっと説明してみましょう。

●1行目
shops という変数(へんすう)に、候補となるお店を代入(だいにゅう : 変数に値を入れること)しています
●2行目
Math.random() : 0以上1未満の範囲で適当な小数を作ってくれます
shops.length : shops の長さ(つまりお店のリストの数)を教えてくれます
* : 掛け算の記号です(プログラミングの世界では掛け算の記号として × のかわりに * を使います)
つまり Math.random() * shops.length は、0以上 shops.length 未満の適当な小数になります
Math.floor(num) : num の数の小数点以下を切り捨てた整数をつくってくれます
つまり2行目は、 0 から shops.length -1 の範囲で適当な整数をつくり、それを index という変数に代入しているのです
●3行目
shops[index] : shops というお店のリストから index 番目を取ってきています
console.log(string) : string の内容を、さきほど開いたJavaScriptコンソールに表示します
つまり3行目は、お店リスト shops の index 番目(JavaScriptではリストを 1 からではなく 0 から数えます)を取ってきて表示しているのです

手順を分解し、コンピュータがわかる文法で書く

このように、「コンピュータにさせたい仕事を手順として分解し、それをコンピュータがわかる文法で書く」、これこそが「プログラミング」です。

それでは、最近安くておいしい中華料理屋ができたので、それをリストに追加してみましょう。すると、1行目はこう変わります。

var shops = ['近くの博多ラーメン', '人気のとんかつ', '最近オープンしたイタリアン', '炭火焼き干物定食', 'コスパのいい寿司', '安くておいしい中華']

 

法則がわかったでしょうか? お店のリストは、 ' で囲まれた文字列を , で連結し、それを [ ] で囲ったもの、という書式になっています。

みなさんも、職場やご自宅の近くでランチを食べる候補になる店を考えて、それをリストに入れてみましょう。1行目の修正が終わったら、JavaScriptコンソールにコピー&ペーストして、ご近所ランチスポットからひとつを選んでみましょう。

うまく表示されましたか?

ちゃんとランチの候補がひとつ表示されたら、それはみなさんが(おそらく)初めて、「プログラミングで問題を解決した」という場面です。おめでとうございます!

次ページ膨大な量の単純作業もプログラミングで解決できる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。