レゴランド「子供料金5300円」は妥当なのか

名古屋人の心を捉えるためのカギとは?

絶叫系マシンもあるが、これはやや物足りないか(筆者撮影)

アトラクションの中で目立っていたのは、ジェットコースターの「ザ・ドラゴン」。中世をイメージした「ナイト・キングダム」というエリアにあって、城の中から屋外へコースターで駆けめぐる。実際に乗ってそれなりの迫力は感じたが、同じ東海圏にある「ナガシマリゾート」レベルの絶叫系アトラクションを体験していると、どうしても物足りなく感じた。

もちろんターゲット層が違うので比較するのは酷だろう。ポジティブな言い方をすれば「ナガシマほど激しいのは無理」という人には適しているということだ。

こぢんまりとした地味なものが多い印象

ただ、その他のアトラクションもディズニーリゾートを知っていると、こぢんまりと、地味なものに感じてしまう。親の立場では、いかにして「知らないうちに」子どもを連れて行くかが勝負のように感じた。ちなみに、筆者はまだUSJを知らないのでUSJとの比較感を語ることはできない。

世界で三番目の施設だという「サブマリン・アドベンチャー」(筆者撮影)

そんな中で、個人的に気に入ったのは「サブマリン・アドベンチャー」だ。これは、潜水艦の乗り物体験と「水族館」を組み合わせたようなアトラクション。確かに潜水艦のデザインも雰囲気があるし、それが水の中を進んでいくと本当に魚が泳いでいるのを観察できる。

潜水艦が本物の魚の泳ぐ水槽を進む。本物のサメとも遭遇!(筆者撮影)

小さいがサメや、色とりどりの熱帯魚が丸窓を通して間近に迫ってきた。レゴは「海底の遺跡」のようなシチュエーションであって、主役はあくまで魚たち。世界で他に2カ所あって大人気だというのもうなずけたし、「ジャパン」が港にある意義も感じられた(名古屋の近海で泳ぐ魚も含まれているという)。

一通り見て回り、レゴランド・ジャパンをどのように評価するべきか考えてみた。

次ページやはり気になるのは・・・
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT