LINEモバイル、開業後初めて明かした「実像」

口コミ戦略の次は店舗販売やTVCMを開始

初のTVCMでは女優の「のん」さんを起用、「愛と革新」をテーマにする(撮影:尾形文繁)

LINEモバイルは3月15日から初のテレビCMを開始した。白いワイシャツ姿の女優「のん」さんを流し続け、「LINE・SNS 使い放題。月額1110円〜」という文字を挟み、「愛と革新。LINE MOBILE」という文言で締めるシンプルなものだ。

「シンプルすぎるのではないか」という記者の質問に、嘉戸社長は「情報をできるだけそぎ落として(料金体系などがシンプルだということを)シンプルに伝えたかった」とした。「事務所問題を抱えているのん(注:のんさんは移籍に当たって事務所ともめた経緯がある)をあえて使った意図は」と問われると、「事務所問題があることは認識していたが、凛とした佇まいで『愛と革新』というメッセージを伝えられるのは、この方しかいないというのが会社としての結論」と説明した。

店舗での販売を開始

LINEモバイルはこれまでホームページでの受け付けとAmazonでの販売に限られてきた。それが15日、店舗での販売を開始した。ビックカメラ5店舗、ヨドバシカメラ5店舗の計10店で「いずれも(MVNOの)売上高の大きい店舗」(舛田氏)。ビックカメラでは、現在勢いのあるUQモバイルやワイモバイルと並ぶという好位置にカウンターを出した。「それだけ量販店側にも期待され、大事にしてもらっている」(舛田氏)。

ビックカメラ有楽町店に設置されたカウンター。申し込みから即日で受け取りが可能(撮影:尾形文繁)

店舗では当面、新規契約のみを受け付ける。店舗の機能を制限するのは、「『待たされる』『説明を聞いているうちに疲れてしまう』という不満を解消したいから」だと舛田氏は言う。今後は修理専門カウンターなど多様な店舗を出店し、「できるだけ早いうちに100店舗にしたい」(舛田氏)。「できるだけ早いうちに」というのは社内的には「年内」のようだ。

MVNOでは新規参入が相次ぎ、現在では500社超の業者がしのぎを削っている。最大手はNTTコミュニケーションズの「OCNモバイルONE」、第2位はIIJの「IIJmio(ミオ)」だが、関西電力系のケイ・オプティコム「mineo(マイネオ)」、楽天の「楽天モバイル」も急速にシェアを伸ばすなど、戦国時代の様相を呈している。

LINEモバイルは激化する競争で勝ち残っていけるだろうか。これまでの半年間はコマーシャルも打たず、店舗展開もしなかった割には上出来だったといえる。ただ、それはLINEの圧倒的な知名度がなせる技だったのかもしれない。テレビCMや店舗販売を開始した3月15日以降こそ、真価が試される。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
RIZAPがプロ経営者招聘<br>目指すは「会社の肉体改造」

経営のプロ、松本晃・カルビー前会長がRIZAPグループCOOに。自身の息子と同年齢の創業社長との異色タッグで成長にコミット。M&Aで事業規模を急拡大してきた同社は変わるのか?