打倒ヤフー!LINEがニュース大改革に動いた

男性・中高年にもウケる「王道」を目指す理由

「名実ともにナンバーワンを目指す」。出澤剛社長も本気モードだ(撮影:今井康一)

国内で6600万人が使うメッセンジャーアプリ・LINE。先週、そのサービス画面にある"変化"が生じたことにお気づきだろうか。2月23日、アプリのアップデートを実施し、アプリメイン画面下部(Android端末の場合は上部)にあるタブが、従来の4つから5つに増えたのだ。

「友だち」「トーク」「タイムライン」「その他」の4つタブに加えて新設されたのは、同社が提供するニュースキュレーションサービス「LINE NEWS」を開くための「ニュース」タブ。これまでは公式アカウントを友だち登録することでトーク画面に定期配信されたり、タイムライン(友だちや公式アカウントが投稿した内容を時系列で閲覧できる)の画面から閲覧できたりしたニュースを、メイン機能の一つに格上げした格好だ。

LINE NEWSは国内で4600万人の月間利用者数を誇る。出澤剛・LINE社長は今回の刷新について「単にタブを追加しただけではない。いちばん使われる"本流"のスマホニュースサービスになるため、中身も大幅に刷新した」と力説する。一体どんな展望を持っているのか。

業績へのプラス効果も期待大?

実は、正式なサービス改変に先立ち、LINEは一部の一般ユーザーのサービス画面を新バージョンのタブ配置で表示し、反応を見るテストを実施していた。その結果は、会社側で想定した以上にポジティブだったという。

男性ユーザーが好む政治、経済系のニュースも掲載している(写真:LINE)

「これまでニュースページの読者は10~20代女性の比重が高かったが、30~40代の働き盛りの男性にもリーチが広がった」(LINE NEWS企画チームの上田恭史マネージャー)。さらにLINEユーザー全体に占めるニュース利用者の割合が従来の約70%から、タブを新設した新バージョンでは約85%へと改善したのだ。

自社アプリ内に掲載する広告が収益の4割以上を占める同社にとって、ユーザー層の拡大は重要な意味を持つ。若い女性にユーザーが偏れば、マッチする広告も美容・健康、アパレル関連など、ジャンルがある程度限られてしまう。ユーザー層が広がれば、男性向け、ビジネスパーソン向けに訴求したい広告主にとっても魅力が増すはずだ。

特にニュースのページは、LINEのサービスの中でも広告の掲載面が豊富だ。活性化できれば、業績へのインパクトも小さくないだろう。

次ページ打倒ヤフーの秘策は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。