打倒ヤフー!LINEがニュース大改革に動いた

男性・中高年にもウケる「王道」を目指す理由

新しいユーザー層を開拓できた最大の要因は、流入経路の変化にある。ニュース公式アカウントは、限定スタンプを配布するキャンペーンなどでユーザーを獲得してきたため、自然とスタンプの利用率が高い女性が多くなっていた。タイムラインも女子中高生や主婦層のヘビーユーザーが多い一方、毎日欠かさず見ている男性は少なく、ニュースが届きにくかった。

それが今回、これらの機能から独立したタブを作ったことで、ニュースの存在を目立たせることができ「友人や家族とやりとりするついでにニュースも見る」という新しい導線が確立されつつあるようだ。

ジャンルごとのタブがある点など、Yahoo! ニュースに近い印象だ(写真:LINE)

タブの新設と同時に、ニュースの選び方も見直した。これまでは若年女性中心のユーザー層に合わせ、エンタメ、恋愛、ライフスタイルなどのジャンルに重点を置き、写真も大きく配置し、ビジュアルを親しみやすいものにしていた。

それを「政治・経済も含めて、よりパブリックなニュースを一覧できるよう、上部にテキスト表示する形式にした」(上田マネージャー)という。ラインナップも見せ方も、ヤフーが提供する「Yahoo! ニュース」のサービス画面にかなり近しい印象だ。

もちろん、LINEとしての差別化ポイントもある。その一つが「For You」というジャンル名でくくられているニュースだ。LINE側が推定した年齢・性別などのユーザー属性をもとに、興味に合いそうな記事をレコメンド(推薦)する。

今後もユーザー個々により最適な記事を出せるよう、独自アルゴリズム(処理手順)の研究開発を進めていくという。

ネットニュースの巨人、ヤフーに勝てるのか?

スマホニュースの分野では、検索サービスから拡大した老舗・ヤフーをはじめ、ニュースキュレーション特化型のアプリを展開するスマートニュース、グノシーなどがしのぎを削っている。そんな中、LINEは最後発ながら、日常的に利用されるメッセンジャーアプリの強みを生かし、利用者数を伸ばしてきた。

トップを行くヤフーは月間利用者数を開示していないため、規模を比較するのは難しいが、LINEが差を詰めつつあるのは間違いない。追撃に向けて出澤社長も気合十分だ。「認知度調査をすると10代、20代ではLINEがいちばんだが、それ以上の世代ではヤフーが上に来る。自分たちはまだ追いかける立場。名実ともにナンバーワンを目指す」。

LINEは今回、台湾、タイ、インドネシアのLINEアプリで展開するニュースサービス「LINE TODAY」でも同様の機能改善を実施した。それぞれの国で現地メディアとの提携も徐々に拡大しており、台湾、タイではすでにスマホニュースサービスでトップのシェアを誇る。

「今や世界にはアプリがあふれ、好みに合うものを探してダウンロードすること自体が大変だ。だから、日常的に使うLINE内でなんでも済むようになることを望むユーザーが増えている。そこがわれわれの推進するスマートポータル化というビジネスのミソでもある」(出澤社長)。ニュースに限らず、LINEの囲い込み策は、今後も続々と登場しそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。