小金井女性刺傷事件、被害者を苦しめる恐怖

懲役14年6か月で加害者は塀の外に

元恋人から送られてきた手紙には手書きで恨み言が

「警察で指紋を取ったんですが、何もついていなかったようです。これが一生続くのかと思うと、本当に不安ですよね。相手の存在が消えない限り、恐怖は続きますよね」

と逮捕後も夫婦で怯える。

「ストーキングは反応を欲しがる禁断症状」

岩崎被告が収監されれば、冨田さんが岩崎被告に接近されることはないが、判決を不服とした岩崎被告は3日までに、東京高裁に控訴した。

殺人未遂と銃刀法違反の疑いで送検され、小金井署を出る岩埼容疑者

冨田さんに、被告と向き合わなければならない憂うつな場面が再び訪れるかもしれない。裁判で岩崎被告は調書が読み上げられている最中に笑ったという。さらに冨田さんに罵声も浴びせかけた。

「あれは、法廷の場を借りたストーキング行為ですよ」

小早川さんはそう断じる。

衝立で隔てられているとはいえ、事件後初めて、近くで生の声が聞けたので、脳に報酬がもたらされたと思います。ストーキングというのは反応を欲しがる禁断症状のようなものです。刺激が与えられれば出現します。本人がいかに反省していると語っても、冨田さんへの欲求は続いているし、今後も続くと私は見ます

高裁、最高裁と判決が確定するまでは、岩崎被告は収監されない。また法廷で冨田さんに会えると思ったのか。

「犯人は何ひとつ傷ついていないのに、私だけが身体にも心にもこんなに多くの傷を負って、これから先も痛みに耐えて生きていかなければならないと思うと悔しいし許せません」

冨田さんは裁判で、加害者と被害者の苦痛の違いを訴えた。

加えて、いずれは出所するという将来への不安。また自分に危害を加えるかもしれないという恐怖もぬぐえない。

前出・小早川さんは、

「ストーカーがなぜ許せないかというと、肉体的な被害もそうですが、引っ越しをしたり職を変えたり、心に大きな傷を負ったり、被害者が自分の人生を歩めなくなってしまうからです」

と言葉に力を込める。そして冨田さんには、

加害者に負けない人生を送ってほしい。やりたかったことをやる、住みたかったところに住む。それには、周囲の人の協力が必要です。被害者が望む人生を、みんなで作ってあげないといけない。今はとても苦しい時期だと思いますが、くじけずに自分の人生を送ってほしい

冨田さんが元の生活を取り戻すことを願う。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • トランプ派メディアの実態
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。