小金井女性刺傷事件、被害者を苦しめる恐怖

懲役14年6か月で加害者は塀の外に

判決後にマスコミの取材に応じ冨田さんの様子を明かした担当弁護士

17年でも短いと思っていたのに……

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

懲役14年6か月(求刑は懲役17年)─。2月28日、東京地裁立川支部で下された判決を裁判所の控室で弁護士に知らされた冨田真由さん(21)は「17年でも短いと思っていたのに……」と、ぽつりとつぶやき、以後絶句してしまったという。

冨田さんの代理人弁護士は、そのように明かした。

昨年5月21日、東京都小金井市で音楽活動をしていた女子大生の冨田さんを、無職の岩崎(旧姓・岩埼)友宏被告(28)がメッタ刺しにした事件。傷痕は全身に34か所。殺人未遂罪などに問われた。

裁判所は「被害者が抵抗できなくなっても執拗に刺し続けており、危険かつ悪質。死亡してもおかしくない容体だった。一定の計画性があり、殺意は非常に強固だった」と断罪した。

一命は取り留めたが、冨田さんは今も、後遺症に苦しんでいる。裁判の意見陳述で、次のように明かした。

今でも毎日、リハビリを続けていますが、思うように身体が動きません。大好きだった歌うことも、食べることも、口に麻痺が残っていて、苦痛になっています。大好きだったギターもほとんど弾くことができません。

視力が低下していたり、視野が狭くなっていたり、常に行動に制限が出ています。そのため少し歩いたら、物や人にぶつかりそうになります。右足の親指にも麻痺が残っていて、家の中でさえすぐにつまずいてしまいます。“どうして当たり前にできていたことができないの”と悔しくてたまりません

すると意見陳述の途中、岩崎被告は「じゃあ殺せよ」などと2度にわたり冨田さんに罵声を浴びせ、裁判長に退廷させられた。

次ページストーカー被害者のリアル
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。