小金井女性刺傷事件、被害者を苦しめる恐怖

懲役14年6か月で加害者は塀の外に

冨田さんの弁護士は、

「裁判での受け答えの内容などから、きっとまた同じ状況になったらやると思っています。あそこまで反省していない被告人は他にいないですよ」

と、あきれ、判決についても「それをわかったうえで、あの判決はひどいと思いますね」と不快感をあらわにした。

裁判中に叫んだ被告の心理とは

意見陳述で「もうこの世の中に出てきてほしくない。今すぐ消えてほしいです。それが叶わないならば一生、刑務所にいてほしい。そうでないと安心して生活できません」と訴えた冨田さんが、判決に絶句するのも無理はない。

冨田さんは判決後、改めて文書で心情を発表した。

あれだけのことをしたにもかかわらず、何の反省もしていない犯人が、長くても、たった14年3か月(編注・拘留期間を除く)で塀の外に出てくると思うと怖いです。たった14年後には、犯人が塀の外を歩いている。そう思うと、今から不安と恐怖しかありません

街の人の声を聞いた。

30代の女性は「被害者は夢を追うこともできず、元の生活に戻ることすらできない。軽すぎる量刑に、同じ女として不快感を覚えますね」と被告への憤りを隠さず、20代の女性は「いろんな後遺症を背負って、毎日悪夢にうなされて、ほとんど生き地獄ですよね」と冨田さんが直面する苦悩を思いやった。

ストーカー加害者や被害者のカウンセリングを行うNPO法人ヒューマニティ理事長の小早川明子さんも、判決に、

短いと思います。ストーカー犯罪の特徴である再現性が捨てきれませんから

と疑問を投げかけ、加害者の再犯防止のためには、制度導入が必要と訴える。

「8年ほどで出所し私のところに来た加害者が、“相手を殺そうと思っている”と話したこともあります。刑務所ではストーカー犯罪に対する治療が行われていませんので、制度として作っていくことが必要です。

犯人は、自分の思いどおりにならないので、冨田さんに制裁を加えたわけです。その考えが根底にある限りは、反省はできないでしょうね」

28歳の岩崎被告が、刑期満了で出所するのは42〜43歳。

10年以上離れれば、彼女への欲求は沈殿するかもしれませんが、あくまでも沈んでいるだけです。出所すれば、外部の刺激にかき混ぜられ再現する可能性があるのです」と小早川さんは不安視する。

20年近くにわたり、元恋人によるストーカー被害に遭っている男性(49)がいる。

おびただしい電話と罵詈雑言にわいせつ語を書き連ねたハガキに危険を感じた男性と妻(49)は、警察に相談。最終的に殺人事件などを扱う捜査1課が対応し、逮捕に至ったという。

だが今も誕生日やクリスマス、バレンタインデーなどに、恨みのこもった手紙が届く。

次ページ「冨田さんへの欲求は続いている」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。