「世界最速」新型ランボルギーニの強烈な実力

ウラカン ペルフォルマンテは何がスゴいか

ウラカン ペルフォルマンテがニュルブルクリンクでの速さを磨いたもうひとつの理由は、ALA(Aerodinamica Lamborghini Attiva)と呼ばれる革新的な可変式エアロダイナミクスを取り入れたことにもある。

フロントに組み込まれた可変空力システムは、フロントスプリッター内のシャッターを開閉することで機能する。シャッターが閉じた状態ではハイダウンフォース、開くとローダウンフォースとなり、コーナリング時とストレート走行時で自在に空気抵抗を制御できる。ただし、ここまではある意味でお馴染みの手法といえるだろう。

本当に革新的なのはリアの可変空力システム。だが外から見る限り、リアウィングの角度を調整するような仕組みは見当たらない。では、このリアウィングでどうやってダウンフォースやドラッグをコントロールするのだろうか?

新型ランボルギーニは速すぎる──ウラカン ペルフォルマンテがジュネーブに登場【その2】

可変式エアロダイナミクス“ALA”の秘密

そのカギは、ウィング内部に張り巡らせたエアチャンネルという呼称の空気の通り道と、ここを通過する空気量を可変させるシャッターにある。エンジンフード付近から取り込んだエアフローの一部は、左右ふたつの経路からリアウィングに導かれ、それぞれに設けられたシャッターによって、ウィングの下側にいくつもある細いスリットから最適量のエアが排出される仕組みだ。

次ページリアウィングに設けられたシステムの効果
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。