朗報!保険の手数料開示が進むかもしれない

後押ししたい金融庁の動き

保険以外の分野も含めて、複雑な仕組みの金融商品に優良品はない(写真:makaron* / PIXTA)

複数会社の保険を扱う「乗り合い代理店」に保険会社が支払っている販売手数料を商品別に開示するよう金融庁が求めたことを共同通信が報じました。2月4日のことです(全保険の手数料開示要求、金融庁)。

商品別の手数料を把握することができるように

この連載の一覧はこちら

これが実現すると、来店型保険ショップや銀行の窓口での保険相談の際などに、消費者が商品別の手数料を把握することができるようになります。歓迎すべきことだと感じます。これによって消費者の「保険契約に要するコスト」への関心が高まることを期待できるからです。

記事では、手数料の例として「医療保険では初年度の保険料のうち数十%、次年度以降は10%程度支払われるという」と伝えられていました。

こうした情報から、「医療保険専用ATMに1万円入金すると、1年目は数千円も手数料が引かれ、2年目以降も1万円につき1000円超の手数料がかかるのであれば、極力、利用は控えよう」と考える人がいるかもしれません。

一方で「入院時などに貯蓄を取り崩す不安は大きい、数十%の手数料がかかるのは1年目だけであり、他の商品やサービスでは得難い安心感を考えると、やはり加入しておきたい」と思う人もいるでしょう。

「代理店手数料だけではなく保険会社の取り分も知りたい」と感じる人もいるかもしれません。いずれにしても、消費者が保険活用の是非について納得して判断するための情報が増えることは好ましいことでしょう。

この流れが、乗り合い代理店だけでなく、複数社の保険を扱わない1社専属代理店や保険会社直属の営業担当者が扱うすべての商品まで拡大されることを望みます。

次ページ乗り合い代理店だけでは不十分
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT