「初めての一人暮らし」でハマる物件選びの罠

ネット検索だけでは気づかないことが沢山!

時間をかけずに、後悔しない部屋探しをするポイント

以上のようなポイントを理解した上で、「それでも家賃など、他の条件が魅力的だから」とその部屋を選んだのなら、何ら問題はない。とはいえ、実際には住んでみて後悔することがほとんどだろう。

最もNGなのは、ネット検索で“わかった気”になること

では、どうやったらこうしたポイントを確認できるのだろうか。「まず避けたいのは、ネットだけ見て決めること」と高田さん。「今はネットで物件の動画まで見られる上、グーグルのストリートビューを使えば近隣環境を確かめられるので、それで決めてしまう人もいるが、それは危険。部屋のにおいや、壁や柱などの細かい汚れなど、行ってみないとわからないことはたくさんあります」

遠方に住んでいて、1~2日しか物件探しができないならば、内見(部屋の下見)をする部屋のエリアを狭めること。そうすれば、1日で5~6件は見た上で、気に入った物件の夜の様子もチェックできる。

住みやすさや治安の良さなどのエリア情報は、基本はネットで調べることになるが、すでに住んでいる友人がいればその人に聞くのが確実。「そう考えると、友人の家の近くに住むのも一つの選択肢。知らない土地で地震などの災害にあっても助け合える」(高田さん)

物件は、事前にネットでリストアップしておこう。その際、重要なのは、自分にとって優先順位が高いポイントを明確にしておくこと。「『駅から徒歩10分以内』『風呂とトイレは別』『洗濯機置場は屋内』など条件を書き出した物件リストをつくり、◯×をつけていけば、一目瞭然。ネットで調べられることはできるだけ調べた上で、『におい』や『音』など、検索できない項目だけを現地で調べれば、物件めぐりにかける時間を短縮できます」(高田さん)

以上のポイントを参考に、気持ちよく新社会人生活を過ごせる部屋を選んでいただきたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT