愛知県一宮市中3自殺、囁かれるいじめの実態 同級生のLINEの記録で浮かび上がる

拡大
縮小

その30~40分間に、勇樹くんは何を考えていたのか。今となっては確かめようがないが、ただひとつ明確なことは、勇樹くんを死に追いやった原因のひとつが教育現場のウソと、担任教師の“不適切な指導”だったということ。

亡くなる前に、友達にあげたゲーム機の中には、勇樹くんの思いが残っていた。

「担任によって人生が壊されたということ。そして、友達ひとりひとりにあてた感謝のメッセージが、いっぱい書いてありました。みんな、大好きだって……。これだけは、はっきり言えます。生徒間にいじめはありませんでした」(母親)

LINEのメッセージから読み取れること

ここに、勇樹くんの死後、彼を知る同級生が、友達にあてたLINEがある(下写真)。そこには、勇樹くんの担任の評判が記されている。

浅井中の生徒とのライン画面。担任によるいじめはないと学校側は話すが……

《好き嫌い激しくて、自殺した男の子のこと嫌ってて、手怪我してて字書けんのに居残りさせて課題やらせたり、その男の子だけにプリント配らせたり結構あたりつよかったみたいー》

担任による“強いあたり”は、まぎれもなく教え子を追い込む精神的体罰だ。受け止めなければならない被害生徒は、たまったものではない。

生前、勇樹くんが母親に「これを片づけてと担任に言われて片づけたら、なぜかめちゃくちゃ怒られた」、「係でもないのに、プリント配りを何度もさせられた」とこぼしていたことがあったという。

理不尽な担任のために、生徒が犠牲になる。さらに勇樹くんが担任への不信感を募らせたのは、昨年9月に行われた体育祭での出来事だった。

次ページ体育祭でなにが起きたのか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT