愛知県一宮市中3自殺、囁かれるいじめの実態

同級生のLINEの記録で浮かび上がる

自殺した中3男子に一体何が起きていたのでしょうか(写真 : mits / PIXTA)

教師という立場を利用した“担任によるいじめ”

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

教師という圧倒的優位な立場を利用した“担任によるいじめ”“教育パワハラ”─まさにそんな構図が、取材の過程で浮かび上がってきた。

愛知県に住む中学3年生の佐藤勇樹くん(仮名・14)がJR大阪駅近くにある商業施設「グランフロント大阪」の7階から飛び降り命を絶ったのは、2月6日午後11時35分ごろのことだった。

その数時間前に見た勇樹くんの最後の姿を母親は語る。

「すっごいスッキリした顔をしていたんです。そのときには、もう、決めていたんでしょうね……」と、涙に暮れる。

勇樹くんはその日、自宅に仲のいい友達を呼び、「これ、あげるから」と大切にしていたモノを渡していたという。形見分け……。

その後、友人の家で遊び、午後6時30分ごろ、友人の家を出たが、そのまま家に帰ることはなかった。

最寄り駅の駐輪場の防犯カメラが、勇樹くんの姿をとらえていた。父親が明かす。

「鉄道の高架下に駐輪場があるんです、午後7時10分ごろ、自転車を止める姿が映っていました。そこから大阪へ向かったんでしょうね。午後11時ごろには、商業施設の防犯カメラに映っていました。30~40分ほど、うろうろしていたようなんです」

次ページ勇樹くんを死に追いやった原因
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。