愛知県一宮市中3自殺、囁かれるいじめの実態

同級生のLINEの記録で浮かび上がる

“不適切な指導”をした担任は、9日から有給休暇を消化する形で自宅待機をしているという。話を聞いてみた。

自宅待機する担任を直撃

──『週刊女性』です。

「名刺をください」

ドアを少しだけ開け、名刺を受け取るとすぐ閉めた。

──いじめはあったのか?

「ありません、第三者委員会でお話しします」

──自殺した教え子を、どう思っていたのですか?

「可愛い生徒のひとりです」

──自身の指導に問題はなかったのですか?

「私にも生活がありますので。これ以上は第三者委員会でお話しします」

第三者委員会で、教師によるいじめの実態がどこまで明らかになるのか定かではないが、担任の教育姿勢は多くの生徒たちに目撃されている。

生徒間のLINEからは(関連写真をご確認ください)、クラス全体がうるさいのに、勇樹くんだけを呼んで怒ったり、学級役員でもない勇樹くんにプリント配布や雑用を押しつけたりしていた担任の姿がくっきりと浮かび上がる。

「私にも生活がありますので」と記者に言い訳する担任が、どこまで本当のことを第三者委員会で報告するのか。

「行政にとって都合のいいものを出そうとしたととられてもしかたがない」

と、大村秀章愛知県知事が危惧する結果にならないことを願うばかりだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT