伝説の時計デザイナーが遺した最高の作品

拝啓、ジェラルド・ジェンタ様

時計デザインの巨匠ジェラルド・ジェンタ氏
ロイヤル オークやノーチラス、ブルガリ・ブルガリなど、傑作を生んだジェラルド・ジェンタ。ジェンタにたいする最後の公式インタビューをした広田雅将には、ある思いがある。

 

時計デザイナーのジェラルド・ジェンタには大変特別な思い入れがある。そもそも彼のデザインは好きだったし、加えて言うと、彼の生前最後のオフィシャルなインタビューにおけるインタビュアーは、だれあろう不肖・広田だったからだ。

巨匠ジェラルド・ジェンタの功績はさまざまなメディアで語られているので、細かくは言わない。ただふたつ加えるならば、彼は時計の世界に装着感という概念と、どんなシチュエーションでも使える「ユニバーサルウォッチ」という概念をもたらした。

ジェンタはこう語っていた。「シャツの袖に引っかかるような時計はよろしくない」「ロレックス オイスターのデザインは手がけたかった」。彼のそんな思いを象徴するのが、オーデマ ピゲの「ロイヤル オーク」と、パテック フィリップの「ノーチラス」だろう。ベゼルはスポーツウォッチよろしく太いのに、インデックスと針はドレスウォッチのように細い。彼は矛盾したデザイン要素を両立させ、しかもそこに薄いケースを与えた。彼を天才と言う人は多いが、生涯で数十万枚のデッサンを描いたジェンタは、真剣に時計デザインに取り組んだ、正真正銘の努力の人だったように思う。

最晩年で“暴走”したジェンタ

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

そのインタビューで、彼は最新作であるジェラルド・チャールズをひっさげてきていた。さすがに本人には言えなかったが、そのデザインは奇怪で奇妙で、とてもジェンタが作ったものとは思えなかった。とりわけ「トゥルボ」というクロノグラフは、袖には引っかかるし、色合いも不思議だしと、巨匠晩年の作とはとても思えなかった。ジェンタはダメになった、過去のセンスはもう失われた──そういう意見を時計関係者からよく聞いたし、筆者も同感だった。

しかし、最近ふと思う。ジェラルド・ジェンタは、あえて奇抜なデザインに取り組んだのではなかったかと。

次ページ創作者としての心ゆえ
関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
買って良い街 悪い街

家は人生最大の買い物。購入後の大幅値下がりは後悔のもと。3大都市圏の割安な駅ランキング、519市区の「街の偏差値」を掲載。住宅情報誌ではわからない、後悔しない住まい選び。