「敷居が高い」という便利な表現の深い真意

外国語では訳せず、理解も難しい

つまり、双方とも自己を問う意味を持ち合わせてはいますが、その比較の対象が「外向き」(自分の外にあるもの)か「内向き」(自分自身)という違いがあるということです。

第三者の目

私は、この「敷居が高い」という日本語の意味に含まれる「内向き」のベクトルこそ、外国語では簡単に訳すことも、理解することも難しい日本の精神だと思うのです。ではこの「内向き」のベクトルとは、どのようなものなのでしょうか?

これは、「第三者の目」というものに関係しているように思えます。たとえば、小さな頃、私はよく祖母から「いくら隠れて悪いことをしても、仏さま、おてんとうさま(太陽を敬い 親しんでいう言い方)、おばあちゃんは見てるからね」と言われ、悪いことをしないように諭されていました。だから、どんなに嘘をついて悪いことしたことを隠しても、必ず見つかってしまうということで、悪いことをしたときは素直に白状していました。これが「第三者の目」です。きっと、同じようなことを言われたことのある方も多いと思います。

実は、これは自分に正直になるということを促す一つの手段なのです。人は基本的には弱いものです。自分の嫌な部分から目を逸らしてしまうのは仕方のないことです。そんな弱い心を支えるために「目には見えない第三者」を立てて、自分と向き合う機会を作るのです。結論すると、誰も自分に嘘をつくことはできません。どんなに自分の過去や事実に嘘をつき、表面的に繕(つくろ)い、誰か他人をごまかせたとしても、自分だけには嘘はつけません。なぜならば、過去や事実は変えられないからです。

「敷居が高い」とは、自分と本当に向き合うという為(な)しがたい行動の心が反映された言葉なのです。そして、ここから生まれてくるのは、感謝の心です。もう一度、恩義を思い出し、改めて感謝の気持ちを持たせて頂くことが大切です。

私自身、さまざまな場所に足を運ぶことが多いのですが、普段から出入りしている所でも、ちょっと立ち止まって、その行き先と自分との関係を考えてみたいと思います。きっと「敷居が高い」場所だらけになってしまうでしょう。しかし、改めて、お世話になっていることへの感謝の念に思いを浸し、訪問させていただきたいと思います。

アルファポリスビジネスの関連記事
大來尚順 訳せない日本語 「ごちそうさまでした」
愛されるブランドづくりの原点 資生堂アートディレクター成田久氏インタビュー
ビジネス書業界の裏話「自己啓発書ヒストリー」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 女性の美学
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?