「ご縁」という日本語に込められた深い意味

どれ一つ取ってみても、当たり前ではない

人と知り合って仲良くなる――。実は不可思議なことです(写真:Fast&Slow / PIXTA)
浄土真宗本願寺派僧侶でありながら、通訳や翻訳も手掛ける大來尚順氏による連載『訳せない日本語~日本人の言葉と心~』。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボによりお届けする。

口癖になった「ご縁」という言葉

普段からよく使う日本語の一つとして、「ご縁」というものがあります。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

例えば、「これもご縁ですね~」「この度は、大変素晴らしいご縁をいただきました」「あの人やあの場所には何かとご縁がありまして」「またご縁があるとよいですね」など、誰もがさまざまな場面で使用しているのではないでしょうか。

実は、私はこの「ご縁」という言葉を人一倍使います。これは、私が僧侶であるということが関係している部分もありますが、ある時から頻繁に使うようになった気がします。

そのある時というのは、21歳の春です。

当時、私はバックパッカーとしてアメリカ大陸を横断していました。アメリカの西海岸にあるオレゴン州のユージーンという小さな街からスタートし、ユースホステルを利用したり、知人やその知人の友人の家などに泊めて頂いたりしながら、約3週間かけて旅をしました。目的は、当時日本の大学で研究していた分野の第一人者を尋ねること、そして自分自身の今後の目標や生き方などを整理することでした。

旅の最中、さまざまな方に出逢い、学び、今となっては笑い話で済みますが、その時は本当に危機的な状況に遭遇してしまうなど、本当にもう二度と味わうことができないような素晴らしい経験をたくさんしました。

次ページ「ご縁」の意味
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。