長期低迷続く欧州経済、通貨が暴落しないワケ

金融政策の効果は限られるが、通貨は安定

地価が下がり続けるスペイン

同様に、債務危機国であるスペインは、かつての日本のように地価が下がり続け、銀行の不良債権問題を抱えたまま。国債がムーディーズにあと1ノッチ格下げされると、投資適格級を失う。イタリアは財政の健全化が進んでいる一方、緊縮財政への国民の反発から、政治が不安定化している。さらに、ユーロを支える側だったフランスも大きな政府志向で改革が進まず、S&Pやムーディーズは昨年、AAAから格下げしている。

ECBの政策により、債務危機と金融危機が連動し増幅するようなシステミックリスクはいったん収束。昨年6月のギリシャのユーロ離脱危機が高まった騒動を経て、債務危機国では「ユーロから抜けるのは得策ではない」という考え方がかろうじて優勢になった。支援するEU、IMF(国際通貨基金)も、緊縮一辺倒の要求により景気と雇用が悪化し、政治リスクが高まるのは得策ではないという考え方に転換している。

ニッセイ基礎研究所の伊藤氏によれば、「債務危機国には拒否権がなく、ドイツなどの債権国の裁量の余地が大きい」という問題点がある。たとえば、EUが導入した「マクロ不均衡の是正手続き」では、経常収支の不均衡の是正が制度化されたが、赤字国には、赤字を対GDP比で4%以内に抑えることが要求される。黒字国は6%までよいとされ、その結果、黒字はむしろ増えているという。

次ページやはり深刻なのは失業率の高さ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT