長期低迷続く欧州経済、通貨が暴落しないワケ

金融政策の効果は限られるが、通貨は安定

欧州の金融緩和の出口が見えない。ECB(欧州中央銀行)のドラギ総裁は7月4日、「政策金利は現在の水準かそれよりも低い水準に長期間とどまる」と発言し、先行きについてコミットする時間軸政策を導入。現在0.5%の政策金利を今後引き下げる可能性も示唆した。

時間軸政策をいち早く導入したのは日本銀行で1999年のゼロ金利政策とその後の量的緩和のときだが、最近では09年以降のFRB(米国連邦準備制度理事会)の印象が強い。ECBはトリシェ前総裁まで、「事前約束はしない」立場だった。

次ページマジック健在も手詰まり感
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT