長期低迷続く欧州経済、通貨が暴落しないワケ 金融政策の効果は限られるが、通貨は安定

拡大
縮小

欧州の金融緩和の出口が見えない。ECB(欧州中央銀行)のドラギ総裁は7月4日、「政策金利は現在の水準かそれよりも低い水準に長期間とどまる」と発言し、先行きについてコミットする時間軸政策を導入。現在0.5%の政策金利を今後引き下げる可能性も示唆した。

時間軸政策をいち早く導入したのは日本銀行で1999年のゼロ金利政策とその後の量的緩和のときだが、最近では09年以降のFRB(米国連邦準備制度理事会)の印象が強い。ECBはトリシェ前総裁まで、「事前約束はしない」立場だった。

次ページマジック健在も手詰まり感
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT