長期低迷続く欧州経済、通貨が暴落しないワケ

金融政策の効果は限られるが、通貨は安定

苦境続く債務危機国

ユーロ圏の実質GDP成長率は、バブル崩壊によるレバレッジ削減(信用収縮)と緊縮財政により、12年、13年と2年間続けてマイナス成長となりそうだ。足元では持ち直しの方向にあり、14年にはプラス成長になるというのが公的機関の見通しだが、ドラギ総裁も指摘するように下振れリスクがある。

リーマンショック後、アイルランド、ポルトガル、ギリシャ、最近ではキプロスがEU(欧州連合)の支援を受けた。もともと産業競争力のあるアイルランドは苦境を脱しつつあるが、ポルトガルは国有企業の民営化などをかなり進めたうえでも、自力での国債発行が可能になるかどうかは微妙だ。ギリシャはなおも政局不安定。財政面でも自転車操業で、追加支援が必要とみられている。

次ページ地価が下がり続けるスペイン
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT