トランプ大統領が服用する「育毛剤」の効力

主治医「あれはすべて自毛だ」

トランプ大統領の髪の毛がふさふさなのは育毛剤のおかげなのか(写真:Stephen Crowley/The New York Times)

歴代最高齢の大統領に激務が務まるのか

就任早々、過激な大統領令を連発して物議を醸しているドナルド・トランプ米大統領。実はトランプは70歳と、就任時としては歴代最高齢の大統領だ。そんな高齢で、米国の大統領という激務が務まるのか――。

そこでニューヨーク・タイムズ紙は、トランプの主治医に話を聞いてみた。いや、元主治医といったほうがいいかもしれない。ハロルド・ボーンスティン医師(69)は、1980年から最近までトランプの健康を管理してきたが、今はトランプとの連絡は途絶えてしまった。ホワイトハウスもコメントを拒否している。

ボーンスティンによると、トランプは主に3種類の薬を服用している。まず、育毛作用がある前立腺肥大症治療薬。そして酒さ(しゅさ)様皮膚炎(いわゆる赤ら顔)を抑える抗生物質。さらに血中コレステロール値と脂質の値を下げるスタチン。心臓発作を予防するために小児アスピリンも毎日服用しているという。

そのおかげもあり、トランプは健康そのものだと、ボーンスティンは太鼓判を押す。

トランプが育毛作用のある前立腺肥大症治療薬フィナステライドを飲んでいることは、これまで知られていなかった。フィナステライドは、男性型脱毛症治療薬「プロペシア」として市販されている。ボーンスティンもフィナステライドを服用しており、肩まである白髪の維持に役立っているという。「(トランプの)あの髪は全部地毛だ。私もだ」。

次ページホワイトハウスからの連絡はなし
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT